カトラ谷から紅葉の金剛山

11/6(金) 千早登山口駐車場10:15→黒栂谷林道→カトラ谷分岐10:41→水場11:09→タカハタ道自然林散策→国見城址広場11:52→葛木神社12:01→展望台12:20(昼食休憩)→金剛山遊歩道→岩屋文殊13:35→寺谷→百ヵ辻(ロープウェイ駐車場)14:19→府道→千早登山口駐車場14:47

11/2(月)は朝は晴れていたのに山頂手前から強い雨とガスに包まれて葛城山の紅葉鑑賞も消化不良であったので、11/6(金)にリベンジで金剛山に登る事にした。月曜日に葛城山に登った時に登山道から見えていた金剛山は綺麗に色付いていた。紅葉を楽しむには自然林の多い登山道が良い、直ぐに思いつくのはカトラ谷。自宅を9時過ぎに出発し千早登山口を目指す。千早登山口のいつもの駐車場に車を駐車し準備を整えて10:15にカトラ谷に向けて出発した。黒栂谷林道を歩いていると今から登るルートの自然林が赤や黄に染まっているのが見えて自然と足早になってしまう。
a0122149_2212877.jpg

情報ではカトラ谷も台風の被害は出ているものの登るには支障が無いと聞いている。果たしてどの様な状況なのか。舗装の林道にも溢れた水が抉ったのか、土嚢で補修がしてある。
a0122149_2214876.jpg

黒栂谷の分岐からカトラへ進む。
a0122149_2221310.jpg

谷筋を登って行くと、右側の斜面の地すべりの痕が凄まじい。土砂が流れ込んで一部ルートが変わっているが、既に多数の方が歩かれたり補修をして頂いているので特に不都合なく歩ける。
a0122149_2232811.jpg
a0122149_2234474.jpg
a0122149_2235719.jpg

梯子場の辺りから黄葉が綺麗である。
a0122149_2243098.jpg
a0122149_2244334.jpg

水場に到着する。温度計を見ると9℃を差している。この辺りの黄葉も綺麗である。
a0122149_225593.jpg
a0122149_2251552.jpg

ここからは写真撮影でしばしば足が止まってしまう。ここの黄葉はまだまだ楽しめそうな感じであるが、最近また暖かくなっているので色づきが悪いまま落葉するかも知れないのが残念である。前回来た時に黄葉が楽しみだったブナの大木は予想通り色付いていた。
a0122149_2264891.jpg
a0122149_227278.jpg
a0122149_227164.jpg
a0122149_2273275.jpg
a0122149_227436.jpg
a0122149_2281052.jpg

最後の木段の急登を上がっていくと綺麗に色付いた山肌が目に飛び込む。
a0122149_2291379.jpg
a0122149_2293074.jpg
a0122149_2294344.jpg
a0122149_2210362.jpg

あちらこちらで写真を撮りながらタカハタ道との合流地点までやってきた。ここから国見城址広場まではすぐであるが一旦タカハタ道の方へ進んでブナやカエデの黄葉紅葉をチェックしに行く。50m程下っていくと綺麗に色付いた自然林が出てくる。
a0122149_22105156.jpg
a0122149_22114564.jpg
a0122149_2212334.jpg
a0122149_2211350.jpg
a0122149_2211202.jpg

一通り目とカメラに焼き付けて再度国見城址広場に登り返す。国見城址広場は小学生の遠足で賑やかだ。
a0122149_22123282.jpg
a0122149_22125247.jpg

食事には時間も少し早いし、賑やか過ぎるのでそのまま素通りし葛木神社に進む。売店前のカエデは上部の方が落葉し完全に終わっていた。トイレ前のカエデは赤く染まっているが電柱と電線がじゃましている。
a0122149_22133559.jpg
a0122149_22134955.jpg

葛木神社に参詣しブナ林へ進むが残念な事にブナ林も完全に落葉してしまっていた。
a0122149_22142196.jpg
a0122149_2214354.jpg

月曜日に登った葛城山を眺める。
a0122149_22154023.jpg
a0122149_2216153.jpg

そのまま展望台の方へ進むと今度は高校生の団体である。水越峠からダイトレで登って来た様である。そういえば水越トンネルを通った時にトイレの前に大型の観光バスが3台停まっていた。一の鳥居を過ぎて高校生の団体とも離れられ静けさが戻った。展望台に着いて上に上がる。遠望は霞んであまり良くないが、湧出岳・葛木岳方面は紅葉が綺麗である。
a0122149_22165739.jpg

下に降りてここのベンチで昼食にした。今日はカレー鍋焼うどんである。この手の鍋焼うどんは、安価で便利なので寒い季節は良く利用する。まず鍋・コッヘルが要らない。水を張って沸騰させてうどんを投入するだけである。食べ終わった後は小さく畳めるので便利だ。
a0122149_22174355.jpg
a0122149_2218277.jpg

食後のコーヒーも楽しんだあと、遊歩道を歩いて文殊さんまで戻る。ロープウェイ駅の上側の所には真っ赤に紅葉したナナカマドが綺麗だ。
a0122149_2221647.jpg

ブナの黄葉が綺麗で写真を撮影しながら歩いていると、
a0122149_22215485.jpg
a0122149_222278.jpg

前方から再び高校生の団体が・・・。思うに国見城址広場で弁当を食べた後、遊歩道を通って念仏坂を下るのだろう。ぴったりのタイミングになってしまった。昼食時に先生から言われたのかすれ違う時に「こんにちは」と挨拶をしてくれる。これは大変結構な事であるが、何グループかに分かれた200名程の団体に挨拶を返すほうは大変である。しかし無視をする訳にも行かず律儀に挨拶を返しながら進んで行く。木場道の分岐の所に高校生用の案内が掛けられていた。
a0122149_22231428.jpg

府立岸和田高校の鍛錬登山遠足と書いてある。岸和田高校と言えば毎年100名以上国公立大学に進学する進学校である。そう言えば皆ふざけ合う事も無く行儀良く歩いていた気がする。高校の遠足で鍛錬登山をするとは良い学校である。
a0122149_2224860.jpg
a0122149_2224297.jpg
a0122149_22245824.jpg
a0122149_22253049.jpg

岩屋文殊までやって来て、降りのルートは文殊尾根にしようかと思ったが寺谷ルートも初めてなので寺谷ルートで下山する事にした。
a0122149_22262883.jpg

ここも台風の被害を大きく受けたと聞いている。急な植林を下っていくと水場に出て、谷筋を下る。やがて大きく開けた所にでるが、この辺りが台風の爪痕が残っている所である。
a0122149_2227509.jpg

a0122149_2230385.jpg

流れ込んだ土砂を避けて下ると木段や木橋が何度か出てきて沢沿いを下っていくと念仏坂が下に見えてきた。小学生の団体と高校生の団体が下りているところであった。ロープウェイ駐車場は大賑わいである。観光バスも一杯停まっていた。
a0122149_22304626.jpg

そそくさと府道に出て舗装路歩きである。いつも退屈な舗装路歩きであるが、今日は鱒釣り場辺りからの紅葉が綺麗で楽しめながら歩けた。
a0122149_22311223.jpg
a0122149_22315434.jpg
a0122149_2232729.jpg
a0122149_22321940.jpg

喫茶店のところのメタセコイヤも綺麗に黄葉している。冬ソナファンは必見かな?
a0122149_22324294.jpg

今この千早登山口からロープウェイまでの紅葉が見頃ではないかと思う。車からも楽しめると思うがやはり歩かないとこの綺麗さは味わえないと思うので、是非千早登山口から登って下りはロープウェイ駐車場に降りるルートを選んで歩かれる事をお奨めする。
by hawks-oh-muku | 2009-11-06 21:39 | 金剛・葛城山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hawksoh.exblog.jp/tb/9226869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ツツジ尾谷から金剛山 雨の紅葉・大和葛城山 >>