トリカブトの太尾東尾根

9/28(月) 水越川公共駐車場11:07→太尾東尾根登山口11:15→西尾根出合11:48→太尾塞跡12:17→六道ノ辻12:31→大日岳12:47→国見城跡広場12:55(昼食休憩)→大日岳13:41→カヤンボ14:29→金剛の水14:34→水越峠14:55→水越川公共駐車場15:06
標高差+-650m

今日の天気予報は良くない。近畿南部ほど悪く、午後から俄か雨・所により雷を伴うとの事。それなら早朝から登れば良いのだが、金剛山に行くときは何故かゆっくりしてしまい何時もと同じ様な時間になった。もっとも天気が悪ければわざわざ出かける必要もないのだが、香芝に帰って来て家にいてもすることもなく雨でも山頂で食事が出来るのも金剛山の大きな魅力であるので天気が持つ事を祈って11:07水越川公共駐車場を出発する。
a0122149_22225312.jpg

そもそも駐車場を出たときには行き先はまだ決まっていなかった。天気が悪くても何とかなるのは葛城山も同じであって、葛城山山頂の高原の花やススキも気になって葛城山に水越峠からダイトレで登った事がないのでここから登って天狗道で青崩へ下りてこようかと思い水越峠に向けて遊歩道を歩き出す。前回来た9/4の逆ルートであるが遊歩道の周りに生い茂っていた雑草は綺麗に刈られていた。
a0122149_22283796.jpg

9/4の時はこんな状態だった。
a0122149_22323230.jpg

但し今日進むのは反対方向の登りである。遊歩道を歩くと綺麗に刈られた所から彼岸花が咲いている。
a0122149_2235014.jpg
a0122149_22351478.jpg

川にはツリフネソウが一杯だ。
a0122149_22364088.jpg

アキノウナギツカミだろうかママコノシリヌグイだろうか?綺麗に沢山咲いている。
a0122149_22384858.jpg

雑草が無くなり快適になった遊歩道を登っていくと遊歩道の案内看板。
a0122149_2247467.jpg

あと少しでバスの転回場所の所で右を見ると太尾東尾根の登山口が「おいおい素通りか」と呼んでいる様に思えた。そういえば太尾道は西も東も登った事はなかった。単独の気軽さで即計画変更である。今日はここから登って下山ルートは上に登ってから考える事にする。
a0122149_22553351.jpg

警笛鳴らせの標識のポールにマジックで太尾東尾根と書いてある。
a0122149_22554494.jpg

更に中に踏み入ると案内板が
a0122149_22581256.jpg

最初は緩やかであるが、すぐに急登に変わる。登山道の脇にはイヌショウマが・・
a0122149_2323958.jpg

木段の急登。
a0122149_23354.jpg

やがて尾根の真ん中が水で侵食された登山道に変わる。
a0122149_2342787.jpg

更に進んでいくと左側にトリカブトが固まって咲いている。やはり今日はこのルートにして大正解だった。これだけで今日は十分満足だ。
a0122149_235497.jpg
a0122149_2362367.jpg
a0122149_2363593.jpg

更に進むとアキノタムラソウが
a0122149_238393.jpg

11:48西尾根ルートとの合流点にやってきた。合流後振り返って見た所がこの写真、写真向かって右が東尾根左が西尾根である。
a0122149_2312293.jpg

分岐点から来た道(東尾根)を覗くとこんな感じ。
a0122149_23135584.jpg

合流した尾根を登っていくとまたしても急登に変わる。
a0122149_23163870.jpg
a0122149_23171872.jpg
a0122149_2317364.jpg

a0122149_23192871.jpg
a0122149_23194826.jpg

ロープつきの急登に変わりここを登りきると太尾塞跡に出る。12:17
a0122149_23212791.jpg

そのまま進んで六道ノ辻には12:31
a0122149_20545338.jpg

ここで遂に雨が降り出す。山の天気は登って見ないと判らないが、悪い天気予報は必ず当たる。ここでスパッツを装着し、ザックカバーとレインウェアも着込む。大日岳には12:47の着であるが、ここで数名のグループがやはりレインウェアを慌てて着込んでいた。
a0122149_20551614.jpg

そのまま大日岳は素通りし国見城跡広場への道にミカエリソウが咲いている。
a0122149_211482.jpg

国見城跡広場の上の方へ進むと雨でガスがかかり幻想的な雰囲気である。
a0122149_2112711.jpg

国見城跡山頂広場には12:55着で雨を避けて弁当を食べるため売店の方へ進む。
a0122149_2114380.jpg

弁当を食べている間に雨は上がった様で、レインウェアはザックにしまって下りは太尾塞跡まで戻ってガンドバコバルートで帰る事に。雨に濡れた花はより美しく見える。ゲンノショウコも輝いて見える。
a0122149_21112346.jpg

イナカギクも沢山咲いている。
a0122149_21133523.jpg

ガンドバコバ林道を淡々と下っていくとツルニンジンを発見。
a0122149_21152110.jpg

アキチョウジは群生して咲いている。やはり雨に濡れて美しい。
a0122149_21171125.jpg
a0122149_2117334.jpg

今日途中まで登る予定であった葛城山が見えている。
a0122149_2118063.jpg

アケビが道の真ん中に落ちている。
a0122149_21194384.jpg

上を見上げると沢山成っている。
a0122149_21212164.jpg

コシオガマも咲いている。
a0122149_21234867.jpg

ママコノシリヌグイ?これも沢山咲いていた。
a0122149_2126483.jpg

シラネセンキュウ。ガンドバコバの道は面白みはないが花は多い。
a0122149_21285852.jpg

カヤンボ分岐を14:29に通過。
a0122149_2131186.jpg

14:34金剛の水通過。
a0122149_21313767.jpg

今ここは木材の搬出で作業車が道を塞いでいる。誰も作業はしていない。
a0122149_21315848.jpg

この先は沢に沿って歩くが、オタカラコウがまだ咲いている。
a0122149_21352044.jpg
a0122149_21354163.jpg

水越峠には14:55に到着。
a0122149_213731.jpg

舗装路を歩きながらふと見るとカミキリムシを発見。
a0122149_21372871.jpg

駐車場には15:06に到着。今日は太尾東尾根の登山口が誘ってくれたお陰でトリカブトも見れ途中で雨に降られたがすぐに上がって帰りは雨に濡れて美しい花々が見られて楽しい山歩きとなった。そして今日もお決まりのかもきみの湯で疲れを落として家に帰った。
by hawks-oh-muku | 2009-09-28 21:56 | 金剛・葛城山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hawksoh.exblog.jp/tb/9053187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カトラ谷意外な所で見つけたアケ... 岩湧山はシュカイドウとススキの海 >>