丸滝谷ルートの金剛山

7/24 水越トンネル出口駐車地9:40→林道→丸滝谷登山口10:00→大日岳11:40→山頂広場(国見城跡)11:55(昼食休憩)→葛木神社→国見城跡→セト分岐→青崩道→駐車地14:04

標高差+-720m
地図(ルートは正確ではありません)
a0122149_23241931.jpg

今年は7月後半になっても梅雨明けはまだだ。それどころか梅雨末期に多い集中豪雨が山口県や福岡県で猛威を振るっている。7月は今日で3回目の山行きだ。どうも休みの日に雨が当たる事が多く、前回の弥山・八経ヶ岳からは11日振りである。今日の天気予報も曇りで所により俄か雨か雷雨なので近場で楽しめそうなコースにする。いつもの金剛山であるが、今日は沢詰めの楽しそうなルートで初めてのコースである。このコースは山と渓谷8月号の全国隠れ名山で紹介されており初めて知った。山と高原の地図には破線でも紹介されていない。雑誌では沢歩き初心者向きコースとあるが一般ルートでは無い様だ。ネットで丸滝谷で検索すると、かなりの件数がヒットした。一通り情報収集をして9時前に香芝の自宅を出発した。途中コンビニで弁当を調達し、奈良県側から水越トンネルを抜けてすぐに左に入り旧道に入る。すぐにトイレがあるがその先すぐの石筆橋からが登山ルートだ。車はその先の少し広くなっている場所に駐車した。既に6台以上の車が停まっている。準備を整えて9:40にスタートする。舗装路を登っていくと左側に太尾道の分岐が出てくる。
a0122149_23231186.jpg

そのまままっすぐに進んで行く。やがて右側に大きな堰堤が見えてきた。
a0122149_23275373.jpg

このあたりはまだネムノキが沢山咲いていた。
a0122149_23282584.jpg

この先すぐに鉄製の橋が現れいよいよ登山口に入って行く。わくわくだ。
a0122149_23302630.jpg

最初は左側に沢を見ながらの樹林帯の中を歩くがすぐに沢沿いのルートに変わり滝が現れる。
a0122149_23331840.jpg

ここまで駐車地点から約20分であるが、予想以上にすばらしい自然たっぷりのルートである。更に10分ほど沢を登って行くと分岐が現れる。
a0122149_23384396.jpg

丸滝谷は真っ直ぐと言うか右側で左へ行くと中尾ノ背・勘助屋敷谷だ。
a0122149_2342516.jpg

右の丸滝谷を進む。沢水と緑が美しい。
a0122149_23444326.jpg

次から次へと小滝が連続する。
a0122149_23461049.jpg
a0122149_23462350.jpg

苔むした目にも鮮やかな緑である。
a0122149_23474155.jpg

更に滝が連続する。暗くて写真が上手く撮れないのが残念だ。
a0122149_23492554.jpg
a0122149_23493513.jpg
a0122149_23501998.jpg
a0122149_23504597.jpg
a0122149_23513293.jpg
a0122149_23514554.jpg
a0122149_23515856.jpg
a0122149_23522493.jpg
a0122149_23524068.jpg

登り始めて丁度1時間程で下の丸滝と呼ばれる滝が左に出てくる。
a0122149_23544296.jpg

そこから約10分で上の丸滝に到着。
a0122149_040541.jpg

ここは右に付けられたフィックスロープを頼りによじ登る。写真では判り難いが結構高度感がある。踏ん張る足を撮って見たが写真で見ると高度感は残念ながら伝わらない。
a0122149_2358040.jpg

上を見上げるとこんな感じだ。
a0122149_23585016.jpg

滝の上部から下を見るとこんな感じ。
a0122149_23594425.jpg

この滝を登り終えると水はなくなり急登に変わる、ここもロープを補助に登っていく。
a0122149_014796.jpg

山アジサイが咲いているが数は少ない。
a0122149_024942.jpg

滑りやすい急登を慎重に進み、やっと尾根に出る。尾根を登って行くと六道の辻に出た、11:26である。ここにはベンチがありここでザックを下ろして小休憩する。
a0122149_055030.jpg
a0122149_06391.jpg

一服後緩やかな登りを進み、大日岳への最後の登りの前に標識があった。
a0122149_075533.jpg

ここを登りきれば大日岳?木段が待ち構える。
a0122149_095139.jpg

予想通り登りきったら大日岳の山頂表示があった。11:44に到着、出発から約2時間だ。
a0122149_012711.jpg

PL平和の塔が良く見えている。
a0122149_013473.jpg

設置された寒暖計は21度。下界より10度程涼しい。
a0122149_0144270.jpg
a0122149_015148.jpg

オカノトラノオにモンシロチョウが停まっている。
a0122149_0163891.jpg

国見城跡へは一旦下って登り返す。山頂広場横にホタルブクロが咲いている。
a0122149_0182265.jpg

国見城跡に到着。11:56
a0122149_0201636.jpg

綺麗な花が咲いている。
a0122149_0212621.jpg

ここのベンチで昼食にする。コンビニで買った幕の内とおこげスープ。お湯はテルモスから注ぐ。夏場はお湯を沸かすよりも断然早く楽チンである。食後のコーヒーも淹れてゆっくりし、葛木神社に向かう。
a0122149_0245483.jpg

参拝後再び国見城跡広場に戻り、セトに向けて下山開始。途中登山道横で山ホトトギスを発見。
a0122149_02787.jpg

広場から約20分でセト分岐に到着。
a0122149_0292742.jpg

ここから先青崩道を歩くのは初めてだ。以前来た時は左折し黒栂谷を下山した。
分岐から3分で山火事跡に出た。春に山火事があったと聞いていたが少し黒く焦げた程度で済んだようだ。
a0122149_0342022.jpg

消火には登山者が加わった様でお礼の文書が張ってあった。
a0122149_0352557.jpg

消火を手伝ったのも登山者だが、出火原因も多分登山者ではないだろうか?火の始末は本当に気をつけなければと再認識した。初めて歩く青崩道は良く整備された歩きやすいルートだ。あちらこちらにアカショウマが咲いている。
a0122149_22134886.jpg

更に進むと黄ツリフネソウとドクダミの花の群落があった。
a0122149_22155769.jpg
a0122149_22161511.jpg

植林の中を進むと一輪だけ咲いているヤマユリを発見!運がよければと雑誌に書いてあったが丸滝谷では全く見つからず、ここで見れるとは思わなかっただけに嬉しい誤算だ。
a0122149_22181940.jpg

最後の方は少し急な下りになるが、車の音が聞こえてきたら下山口に到着した。
a0122149_22264597.jpg

上の写真の林道を左に曲がるとすぐにトイレの所に出て、車を停めた少し上まで歩いて車に戻ったのは14:04だった。今日は丸滝谷・青崩道共に誰にも遇わない静かな山歩きが出来た。又丸滝谷は何回も通うことになりそうなとてもお気に入りのコースになった。帰りはいつもの御所かもきみの湯に立ち寄ってゆったりと疲れを癒して自宅に帰った。
by hawks-oh-muku | 2009-07-24 22:46 | 金剛・葛城山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hawksoh.exblog.jp/tb/8701150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-08-03 15:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hawks-oh-muku at 2009-08-04 23:56
こんばんは。愛犬まりと山歩記の管理人様にコメントを頂き恐縮です。いつもHP参考にさせて頂いています。丸滝谷ルートもHPを参考にさせて頂きました。奈良の爺々様も同じ香芝ですか、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
<< イワタバコの妙見谷・タカハタ谷ルート オオヤマレンゲの弥山・八経ヶ岳 >>