お花畑の涼しい月山

2018年8月2日
月山
姥沢駐車場→リフト乗り場→リフト上駅→姥が岳→牛首→月山→牛首→リフト上駅→リフト乗場→姥沢駐車場
先週に引き続き、山歩きを画策する。妻と一緒に登る為、出来るだけ楽なルートで楽しめる山が良いだろうと、これまた以前より狙っていた月山に行く事にした。月山までは仙台から2時間弱で行けるので余裕の射程圏内である。
最も楽なルートは、姥沢駐車場からペアリフトに乗って月山を目指すルートである。途中で姥が岳を経由するか、一番楽な牛首に直接行くかあったが、姥が岳を経由するルートとした。
a0122149_21401650.jpg
足元にシモツケソウが一杯でそこに乱舞するアサギマダラの上を通過しリフトを降りる。
a0122149_21403470.jpg
早速ニッコウキスゲが出迎えてくれる中姥が岳に向かう。
a0122149_11332142.jpg
コバイケソウも綺麗に咲いている。
a0122149_11351159.jpg
ヨツバシオガマも沢山咲いている。
a0122149_11352560.jpg
綿毛に変化したチングルマ
a0122149_11353784.jpg
ニッコウキスゲ
a0122149_11354361.jpg
分岐があり真っ直ぐは姥が岳を経由せずに牛首に向かう道で、左に登ると姥が岳である。
a0122149_11360047.jpg
イワイチョウも沢山咲いていた。
a0122149_11363238.jpg
イワカガミも可憐な姿を見せている。
a0122149_11364114.jpg
そして本日の目的であるヒナザクラ。
a0122149_11365201.jpg
孫の名前と同じなのでどうしても見てみたかった。
a0122149_11370474.jpg
本日一番多く咲いていたのがチングルマであちらこちらで見事な群落であった。
a0122149_11372123.jpg
a0122149_11373084.jpg
ミヤマリンドウも多くみられた。
a0122149_11374030.jpg
そしてキンコウカの群落も見事である。
a0122149_11380757.jpg
木道の両脇の黄色いのは全てキンコウカ。
a0122149_11382495.jpg
ゆっくりと登って姥が岳に到着。ガスが次々湧いてきて見晴らしは良くない。
a0122149_11384177.jpg
そして本日の目的その2はミヤマウスユキソウである。
a0122149_11390014.jpg
ウメバチソウも咲いていた。
a0122149_11393766.jpg
端っこにあった三角点。
a0122149_11395467.jpg
イワオトギリも
a0122149_11401034.jpg
ミヤマウスユキソウとウメバチソウとシラネニンジンのコラボレーション。
a0122149_11402766.jpg
山頂を後にして稜線を辿って牛首に向かうが途中でハクサンシャクナゲが咲いていた。
a0122149_11405344.jpg
金姥から湯殿山ルート方面を望むと稜線が綺麗である。
a0122149_15331299.jpg
a0122149_15334632.jpg
ハクサンイチゲも目に付きだした。
a0122149_15341171.jpg
少し急な登りを越えて牛首に近づくと大きな雪渓が現れて一層涼しくなる。
a0122149_15345045.jpg
イワカガミ。
a0122149_15351588.jpg
アカモノ
a0122149_15354941.jpg
アオノツノザクラ
a0122149_15360960.jpg
a0122149_15363012.jpg
いよいよ月山への登りに向かう。
a0122149_15372869.jpg
ハクサンフウロが一杯。
a0122149_15375618.jpg
お地蔵さんが見えてきた。
a0122149_15382581.jpg
お地蔵を右に曲がると祠がある。
a0122149_15384478.jpg
鍛冶小屋跡では強風が吹き荒れて寒い。ここはハクサンシャジャンが多い。
a0122149_15392182.jpg
ガスで全く景色は見えない、残念。
a0122149_15401107.jpg
a0122149_15402995.jpg
月山神社に近づく。
a0122149_15405445.jpg
月山神社に参拝。境内は撮影禁止。参拝料は500円
a0122149_15411556.jpg
強風が半端なく、月山頂上小屋で休憩。休憩料は一人200円で靴を脱いで中に入って持参してきた素麺を食べる。
a0122149_15413467.jpg
a0122149_15415823.jpg
キバナノコマノツメも岩の間に咲いていた。
a0122149_15422218.jpg
ガスは晴れないが、一面のチングルマとコバイケイソウが見事である。
a0122149_15424623.jpg
牛首まで戻って来た。帰りはここを右に行く。
a0122149_15431938.jpg
牛首下辺りで大きな雪渓の横を通るが凄い厚みである。
a0122149_15442051.jpg
a0122149_15444718.jpg
2mくらいあるのではないだろうか?
a0122149_15451014.jpg
チングルマが咲き誇っている。
a0122149_15452533.jpg
a0122149_15455501.jpg
ヒナザクラも群生している。
a0122149_15463219.jpg
a0122149_15465273.jpg
牛首下を通過する。
a0122149_15472297.jpg
ニッコウキスゲ
a0122149_15474979.jpg
いい感じの木道が続く。
a0122149_15481211.jpg
姥が岳分岐まで戻って来た。
a0122149_15482584.jpg
a0122149_15495654.jpg
帰りもリフトを使って姥沢駐車場まで戻って来た。月山はやはりガスの中である。
a0122149_15503469.jpg

# by hawks-oh-muku | 2018-08-03 15:50 | みちのくの山 | Trackback | Comments(0)