竜飛崎のニッコウキスゲ

2017年07月13日 竜飛崎東北自然歩道

ここ数日は津軽でも最高気温が30度を超える真夏日が続いており昼間は暑くて敵わない。
朝晩は風もあり涼しく、エアコンはまだ1回しか使っていないし関西や関東の暑さとは比較にならないが、津軽の身体になってしまったのか暑いのは苦手である。今日は休みで家にいたのだが、10時を過ぎると気温が上がって来たのでドライブがてらに出かけることにした。北に行けば少しは涼しいと思って、久々に竜飛崎に出かけることにした。竜飛には3回目か4回目になるが、今日は今まで行っていなかった海岸沿いにある東北自然歩道を歩いてみようと思った。竜飛崎駐車場に車を駐車し、海岸まで急な歩道を下っていく。
a0122149_19595490.jpg
早速足元にはハマフウロがたくさん咲いている。
a0122149_20040640.jpg
そして一番の見どころはニッコウキスゲの群落。やっぱり北のはずれなので1か月くらい遅いピークのようだ。
a0122149_20063660.jpg
a0122149_20082034.jpg
なかなか見事な群落である。紫のノハナショウブと鮮やかな黄色のニッコウキスゲのコントラストも美しい。海岸までは結構急な下りである。
a0122149_20114122.jpg
a0122149_20123835.jpg
ようやく海岸まで降りてきた。
a0122149_20132406.jpg
竜飛崎展望台方面の道は通行止めの案内があったが、行けるところまで行ってみる。斜面を下から見るニッコウキスゲも見事である。
a0122149_20165489.jpg
行けるところはここまで、上を見上げると観光地の竜飛崎展望台である。
a0122149_20172040.jpg
ここから引き返し、気持ちの良い潮風を受けて東北自然歩道を歩く。
a0122149_20185227.jpg
前方に見える屏風岩であるが近づいてみると柱状節理の大きな岩でにニッコウキスゲが一輪咲いている。種子が風に流されてこの厳しい環境の中で健気に咲いているようだ。
a0122149_20241243.jpg
a0122149_20242386.jpg
この先にも斜面にはニッコウキスゲの群落があり嬉しい限りである。
a0122149_20254481.jpg
野営場と記されていたキャンプ場まで来たが、周回した場合、舗装路歩きが暑そうなので引き返してピストンで駐車場に戻ることにした。
a0122149_20290371.jpg
ニッコウキスゲの群落を振り返りながら戻っていく。
a0122149_20301291.jpg
急な下りだったので当然ながら急な登りが待ち構えている。
a0122149_20312436.jpg
下りとはまた違う視点になるので、撮影しながらゆっくりと登っていく。
a0122149_20335488.jpg
a0122149_20342496.jpg
a0122149_20352466.jpg
a0122149_20353317.jpg
竜飛崎を後にして、来た道とは違う津軽半島周回コースへと車を走らせて袰月海岸の高野崎へ移動。こちらはスカシユリが楽しみな場所である。
a0122149_20391298.jpg
海は本当にきれいで透き通っている。
a0122149_20400092.jpg
先端の磯には2つの橋が架かっている。
a0122149_20404875.jpg
海岸の磯場に踏み込む。沖に見えているのは竜飛崎である。
a0122149_20421374.jpg
スカシユリとノハナショウブのコラボレーション。
a0122149_20425478.jpg
海岸の磯場に咲くスカシユリ。
a0122149_20431289.jpg
a0122149_20441134.jpg
a0122149_20450711.jpg
岩場に張り付く様に群生するスカシユリ
a0122149_20455731.jpg
今日は狙い通り、竜飛からの海岸線は車の外気温計で24度~25度で涼しく楽しむことができた。

# by hawks-oh-muku | 2017-07-13 20:48 | みちのくの山 | Trackback | Comments(0)