紅葉のえびの池巡り

a0122149_22552837.jpg
11/2 白鳥山・甑岳 
えびの高原駐車場→二湖パノラマ展望台→白鳥山→六観音御池→甑岳→えびの高原露天風呂(閉鎖中)→不動池→駐車場

今日はえびの高原池巡りコースを是非とも歩いてみたいと思った。写真で見ると非常に紅葉が美しい所で、高低差もあまり無い様なので3日前の初登山時の足の筋肉痛がまだ癒えないが問題ないと判断した。えびの高原駐車場に車を停めて歩き出す。最初は遊歩道の様な整備された道を歩く、やがて森の中に入って行くと分岐があり真っ直ぐは白紫池、左は二湖パノラマ展望台経由白鳥山である。左に進むと少し登りになるが直ぐに二湖パノラマ展望台に着く。ここからは六観音御池と白紫池の2つの湖が展望できる絶景ポイントである。(白紫池は冬場には凍り付きスケート場として営業していたらしいが、現在ではスケート場は別の場所に移されてスケートは出来ない)展望を楽しんだ後一旦道は下って白鳥山への登りに変わる。足元がガレ場になってくると山頂は近い。アンテナのある山頂には三等三角点がある。この先を少し行くと北展望台がありここからは六観音御池が綺麗である。ここでお弁当を食べているグループが多く。私もここで弁当休憩とした。休憩後先へ進むが、ここから登山道は急な下りとなり足元も悪くなっている。漸く急な下りを降りると白紫池からのルートと合流し、六観音御池へと進む。なだらかな下りを進んで六観音御池の展望台までやってきた。残念ながら紅葉は終わり掛けであったがそれでも韓国岳をバックに美しい眺めを楽しむ事が出来た。六観音御池を後にして不動池の方へ登っていくと大きな杉の大木があった。ここからは緩やかな登りで周りの紅葉を楽しみながら進む。不動池のところに来て不動池を撮影し、少し戻った甑岳分岐から甑岳へ向かう。ここは森の中になるので赤テープの目印を良く見て進まないと迷いそうだ。10分程だろうか露天風呂方面から来た道と合流し標識が出てくる。ここから甑岳へ向かっていくと上の方から子供達の賑やかな声が聞こえる。どんどん進んでいくと小学生の遠足登山の様で、皆が元気良く挨拶をくれるので元気がもらえた。傾斜は段々きつくなり、登山道も少し荒れ気味で先程の小学生達は良く登ったなと思った。最後は両手も使って攀じ登る様にして山頂に着いた。山頂表示があり標高の高いのもここであるが、三角点は旧火口の湿地帯の草原を渡った向こう側にあるらしい。(この当時三角点には興味が無かったので行かなかった)ここから見る韓国岳はどっしりとした感じで大きく見えた。微かに3日前に登った高千穂峰の山頂部分も見えた。特にする事もなく、直ぐに下山に掛かる。急な斜面を慎重に下って下山は露天風呂の方へ進んで霧島バードラインに出た。ここからは舗装路を歩き、不動池の横を抜けて駐車場に戻った。
a0122149_22553694.jpg
a0122149_22554883.jpg
a0122149_2256319.jpg
a0122149_22561248.jpg
a0122149_22562491.jpg
a0122149_22563249.jpg
a0122149_22571679.jpg
a0122149_22573685.jpg
a0122149_22574735.jpg
a0122149_2258099.jpg
a0122149_22581445.jpg
a0122149_22582894.jpg
a0122149_22584023.jpg
a0122149_22585088.jpg
a0122149_2259166.jpg

# by hawks-oh-muku | 2006-11-02 22:54 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)