<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

紅葉の男体山

2012年10月20日(土) 男体山  二荒神社駐車場6:06→一合目6:25→三合目7:00→四合目7:27→五合目7:53→七合目8:50→八合目9:20→山頂(日光二荒神社奥院)10:32→刀剣・三角点10:37(山頂散策・昼食休憩)11:34→七合目12:36→六合目13:00→五合目13:13→四合目13:31→三合目13:47→一合目14:11→二荒神社駐車場14:20
累積標高差+-1330m(時計の高度計による計測値)

昨年から行きたかった日光の男体山に登ってきた。10月初めに登った苗場山への車中泊山行で少し風邪を引いてしまって前週の休みはジッと我慢の子であったが、この季節の紅葉は1週間ズレるとピークを逃してしまうので気が気でなかった。
そして今週は週中から天気予報を何度もチェック。週中の予報では北関東地方は曇りの予報で余り良くなく、南関東か山梨辺りの山に候補を絞っていたが、週末が近づき天気予報は良い方に変わったので紅葉の本命である群馬か栃木の山に再度候補を絞った。
色々と悩んだが、男体山の公式な登山期間は毎年5月5日から10月25日までと決まっておりこの機会を逃すと登れないのでラストチャンスの男体山に決めたのである。
公式な登山期間とは、男体山は日光二荒神社の御神体山であり、二荒神社中宮祠で入山手続きをしてから登るのが正しい登山とされており、この手続きが出来る期間が上記の通り決められているのである。
と言うことで金曜日の21時半頃に自宅を出発し、外環道~東北道をひた走り宇都宮ICを12時過ぎに通過し日光宇都宮道に乗り継ぎ日光道終点の清滝で降りる。そこからすぐに九十九折れで有名ないろは坂を登りきって二荒神社中宮祠の登山者専用駐車場に1時過ぎに到着。
もっとご同輩が居ると想定していたが、誰も居らず少々心細い思いをしながら就寝。この日は一番の冷え込みで奥日光の最低気温は3度と予報されていたので、毛布と厚い羽毛布団を積み込んで来た。サンルーフのシェードを開けると空は手が届きそうな満天の星空で、久し振りに感動する位の星空を見る事が出来た。
羽毛布団も快適でぐっすりと熟睡する事が出来た。車中泊の課題であるトイレであるが、神社のトイレもあるのだが、大鳥居の前にある公共トイレの方が綺麗なのでこちらを利用した。深夜でもOKである。

さて朝は5時過ぎに目覚める。熟睡できたのでスッキリとした朝を迎える事ができた。いつも通り朝食は用意してきた握り飯を2個食べて済ませる。前述の綺麗なトイレで用を済ませ歯を磨いて顔を洗って準備万端整えて6:06に駐車場を出発。この時間でぞくぞくと車が来ていて第一駐車場は8割方埋まっていた。
二荒神社の入山手続きは6時から受付を開始しているので受付へ向かう。丁度華厳の滝の方角から日の出を迎える。
a0122149_2317572.jpg

神社の色づき始めた紅葉にも朝日が当たる。
a0122149_23205539.jpg

入山手続きには住所氏名と電話番号、そして登山ルートも記入し入山登拝料500円を支払う。そして登拝交通御守りと簡単な地図を受け取る。この御守りを首から提げて登るのが正式な作法の様だ。
a0122149_23263692.jpg

登拝門の鳥居が登山口でありここを潜って入山する、この時点で6:14となっていた。
a0122149_23281542.jpg

男体山は聖なる山「二荒山」と申します。登拝門より入り登拝門より出るのが正式な登拝であります。神の山への入山ですので敬虔な気持で六根清浄を念じてお登り下さい。と書かれている。
a0122149_2332582.jpg

階段を登って1合目の鳥居を6:25に潜って進む。
a0122149_2334649.jpg

気持のよい自然の森の中を登っていくが結構な斜度である。
a0122149_23355950.jpg

3合目からは工事用の車道を歩く事になる。
a0122149_233771.jpg

車道を歩く前に反対側に中禅寺湖が展望できる場所があり、早朝特有の薄っすらとガスが掛かり朝日が紅葉を照らして早くもわくわくする様な景色を拝む事が出来た。
a0122149_23422488.jpg

a0122149_23423740.jpg

3合目から4合目までの舗装路歩きが唯一楽な部分なので体力温存を兼ねて写真を撮りながらゆっくりと登る。
a0122149_21181564.jpg

雲ひとつ無い青空に紅葉が映える。
a0122149_21194471.jpg

a0122149_2120939.jpg

ゆっくりと歩いて30分弱で4合目の鳥居に到着。
a0122149_21212667.jpg

ダケカンバの間にドウダンツツジやシロヤシオの紅葉が入り混じって見事な斜面。
a0122149_21244712.jpg

紅葉を眺めながら急登をジグザグに登っていく。
a0122149_21262784.jpg

簡素な造りの避難小屋のある5合目に7:53に到着。ちょっと小休憩。
a0122149_21321121.jpg

少し写りこんだナナカマドの赤とカラマツの黄色、カエデ類とツツジ類の赤、ダケカンバの黄色と見事なコントラストの錦繍の向こうに中禅寺湖が綺麗に見えている。
a0122149_213864.jpg

この写真は不思議な構図になってしまったが、青いのは空ではなく中禅寺湖の水面で湖面の紅葉をズームで撮ったものである。
a0122149_21405253.jpg

更に中禅寺湖の奥側の紅葉も見事なのでズーム撮影。
a0122149_21425415.jpg

5合目を後にして更に登っていくとシロヤシオの見事な紅葉の額縁に中禅寺湖が浮かんでいる。
a0122149_2145257.jpg

6合目の標識を見落としたようで登山道は大きなガラ石のガラ場に変わる、結構な急登である。
a0122149_21483219.jpg

7合目の避難小屋が見えてきたが、この辺りは大きなガラ石で歩き難い。
a0122149_21502569.jpg

7合目を過ぎてもずっと急登が続く。
a0122149_2152132.jpg

a0122149_2153965.jpg

急登で汗を掻きながら登っているので寒さは感じないが登山道脇には長い霜柱が一杯出来ていた。
a0122149_2155254.jpg

息を弾ませて登って8合目の滝尾神社の鳥居が現れる。
a0122149_21575347.jpg

鳥居を潜ってから5分程登ると8合目避難小屋だ。5合目・7合目の避難小屋はトタンで出来た雨宿り程度のものだったが、ここは狭いが宿泊可能な避難小屋である。
a0122149_221576.jpg

避難小屋の前に祠があり、その上の大きな岩に登って見た。
a0122149_2221561.jpg

紅葉は無くなって来たが、皇海山が見える高度まで上がってきた。
a0122149_2245191.jpg

漸く歩きにくかったガラ場を抜けて低木帯に入る。
a0122149_2284235.jpg

しかし途中より土嚢で補修された登山道に変わり、木杭で留められている為これまた歩き難い。
a0122149_22112922.jpg

やがて森林限界を超えて火山らしいザレ場に変わる。富士山の様だと形容されるが、私自身富士山には登った事が無いので比べようも無いが、霧島の高千穂峰も同じ様なザレ場がありズリズリと滑って登りにくいのは一緒である。
a0122149_2216381.jpg

ここからは一気に展望が拓けて一際高い日光白根山もクッキリと見えた。
a0122149_22181899.jpg

ズームすると昨年歩いた戦場ヶ原・湯ノ湖も良く見えて、その向こうにやはり昨年登った日光白根山である。
a0122149_22203433.jpg

中禅寺湖を挟んで名だたる山の大パノラマ。
a0122149_23285239.jpg

山頂まであと少しであるがザレ場の急登は続く。それにしても今日は勿体無い位の青空である。
a0122149_2331195.jpg

燧ケ岳も姿を見せてくれた。
a0122149_23331729.jpg

10:32、漸く山頂の二荒神社奥院の鳥居を潜る。奥に見える真新しい白木の鳥居は先週大剣と一緒に奉納されたものである。
a0122149_2335496.jpg

奥院に参拝し、三角点と先週奉納、再建されたピカピカの大剣に向かう。太郎山・大真名子山が間近に見える。
a0122149_23401558.jpg

今年の春先の嵐で根元から折れてしまった先代の大剣に代わって再建されたステンレス製の大剣が光っている。
a0122149_2342555.jpg

写真撮影の順番待ちも出来ていた大人気の光り輝く大剣。
a0122149_2343398.jpg

そして大剣の裏にひっそりと佇む一等三角点。さすが二荒神社の御神体山なので百名山だの何だのと言った私製の標識など一切無いのが嬉しい。
a0122149_23445162.jpg

男体山の息子である太郎山は美しい山容である。
a0122149_2349387.jpg

二荒山大神の立派な像が建っている。
a0122149_23513321.jpg

山頂を散策すると360度の大パノラマで北西方面は、日光白根山を中心に確認できただけでも8つの百名山が見えている。
a0122149_23561059.jpg

散策を終えて見晴らしの良い場所を確保して昼食にする。おにぎりとカップ麺を食べたあと、早く下るのは勿体無い晴天なのでコーヒー淹れて景色を眺めてゆっくりする。
a0122149_0455100.jpg

秋晴れの景色をずっと眺めていたいところであるが、下山時間を考えるとそうもいかない。懸念されるのは帰りのこの時期有名ないろは坂の渋滞であって出来るだけ早く帰りたいところだ。最後に360度の景色を目に焼き付けて11:34に下山開始。下山は中禅寺湖に向かって一直線だ。しかしこの時間でも登山者は続々と登って来られる。
a0122149_15312070.jpg

7合目避難小屋を過ぎると中禅寺湖に転がり落ちるようなガレ場の急坂で足元に注意しながら慎重に下る。
a0122149_1536252.jpg

登りには気がつかず見落とした6合目表示は岩の上にあり13時丁度に通過する。
a0122149_1537538.jpg

ようやく歩きにくかったガレ場を過ぎて、シロヤシオ・ドウダンツツジの紅葉エリアに突入。ここからは再び紅葉に目を奪われながらの下山になる。
a0122149_15474744.jpg

a0122149_1548322.jpg

大きなシロヤシオの紅葉。初夏の花が咲くとまた綺麗だろうと思う。
a0122149_15493578.jpg

a0122149_1550644.jpg

4合目鳥居に13:31に降りてきた。
a0122149_15511356.jpg

1合目鳥居に14:11到着。潜って振り返り深々とお辞儀をした。「今日は最高の一日でした」
a0122149_15533957.jpg

登拝門までは石段を降りて行く。
a0122149_1555083.jpg

登山靴を洗う靴清め所がありこれは本当に助かる。しかも理由がイイ、神社の心遣いが嬉しくなる。
a0122149_15581313.jpg

a0122149_15583361.jpg

ここで登山靴を綺麗にして14:20に駐車場に戻った。今日は何とか膝が痛くならずに済んだので徐々に筋力が戻ってきた様だ。しかし車に戻って靴を履き替える時にショッキングな事が・・・。約3年間お世話になった登山靴のソールを見てビックリ!本体とソールの間が剥がれて来ているではないか!これは知識としては知っていたポリウレタンの加水分解の前兆?今まで悪いと知っていながら登山靴は車に積みっぱなし。それでも毎週のように山に登っているときは大丈夫なのだったが(履く事で強くなるらしい)積みっぱなしの放置状態が続いたのが駄目だった様だ。今日剥がれなかったのがせめてもの救いか?何とか無事下山できた事で今日は良しとしよう。

さて問題のいろは坂であるが、ガッツリと嵌ってしまいました。いろは坂の紅葉の見頃はまだ先であるが、道から見える紅葉は素晴らしく、渋滞が苦痛にならないのがせめてもの救いでもある。渋滞でも徐々に進むので写真撮影は容易ではないが、丁度いいタイミングで車が停まってパチリ。
a0122149_16243178.jpg

景色に目を奪われながらの渋滞を抜けて、日光道路清滝IC近くにある温泉「ヤシオの湯」へ直行。ゆっくりと疲れを癒して長い長い帰路に就いた。

今日のルート、3合目から4合目の舗装路歩きを除いて本当に一直線に登った感じである。
a0122149_549611.jpg

グーグルアースの違う角度で見てみると、結構な急傾斜だと言う事がわかる。
a0122149_5492690.jpg

問題の登山靴
a0122149_16315550.jpg

a0122149_1632758.jpg

この靴はコストパフォーマンスに非常に優れていると気に入っていたのだが、手入れを怠った自分が悪いので仕方ない。しかしこの靴では次回の山行は難しい。痛い出費であるが次回までに何とか新しい靴を探そう。
by hawks-oh-muku | 2012-10-25 06:54 | 栃木の山 | Trackback | Comments(4)

紅葉満喫 苗場山

2012年10月6日(土)苗場山 かぐらスキー場第2リフト町営駐車場6:13→和田小屋(五合目)6:37→五合半7:04→六合目7:14→六合半7:31→下ノ芝(七合目?)7:50→七合半8:07→中ノ芝8:30(小休憩)→上ノ芝8:53→小松原分岐9:04→神楽ヶ峰(八合目)9:16→富士見坂9:31→雷清水9:34→お花畑9:42→九合目10:01→雲尾坂10:15→苗場山頂三角点10:46→山小屋10:49(昼食休憩・山頂湿原散策)→神楽ヶ峰12:43→上ノ芝13:03→中ノ芝13:15→下ノ芝13:58→和田小屋15:06→駐車場15:29
累積標高差+-1195m(時計の高度計による計測)

アプローチが長く結構時間が掛かった、祓川コース(クリックで拡大可)
a0122149_7554010.jpg

a0122149_756471.jpg

私が一年で一番好きな季節、それは山が自然に色づき創り出す錦絵のごとき絶妙の色彩を纏う錦秋。
どんなに残暑が厳しくとも多少のズレはあったとしても着実に季節が移っている事を目の当たりに出来る瞬間。
都会では信じられない位に季節が進んでいる現実を、深い山を歩いた者だけが得る事が出来る瞬間。
やはり秋の山が一番好きである。

と言う訳で10月の声を聞くと紅葉の山を探し歩いてしまうのである。昨年は関東に転勤した事もあり10月1週目に日光白根山に登り思いがけず見られた三段紅葉に感動した。
私の中での一番の紅葉は九州大分の九重連山で2007年の三俣山から始まり2009年まで3年連続で秋の紅葉の時期に山行した。
特に2008年は8回九重に出掛けて、10月は3週連続で通いつめた。今でもこの時期になると九重の紅葉を思い出してしまう。

そして残暑の厳しかった今年ようやくもこの季節が巡ってきた。曜日巡りから今年は10月第1週の土曜日は10月6日でありこの時期に紅葉の見られる山を探した。
第一候補は那須岳であったが、この3連休余りにも多く押し寄せる観光客で大渋滞になる為、
通行規制が行われ車の乗り入れが出来ない事が判明。シャトルバスの運行時間を考えると選択肢から外れた。
次に谷川岳であるが、ここはその次の週のほうがよさそうで色々と逡巡した結果、候補に上がったのが苗場山だったのである。
しかし問題は登山口までの距離。自宅から約230km高速フル活用で時間にして3時間半は掛かる。やはりここは車中泊で行くしかあるまいと金曜日の20時半過ぎに家を出る。
順調に関越道を進み群馬県に入った辺りで雨が降り出し途中ワイパーをハイスピードにしなければならない程の豪雨になり思いっきり凹んでしまったが、10分足らずで道路すら濡れていない状態に唖然とする。
しかし時間に余裕を見た事もあり、湯沢ICを24時に出る計画が30分ほど早い様で赤城高原SAで時間調整をする。ちょっと寝るだけのつもりが1時間少し寝てしまって慌てて再出発。
初めて走る10km超の長い関越トンネルを抜けて湯沢ICを24時半頃に出る。国道17号線を南下し少しした場所にあるコンビニに立ち寄る。(ここが登山口までの最終コンビニ)
そしてみつまたかぐらスキー場から舗装林道に入り少々悪路もあったが1時過ぎにかぐらスキー場第2駐車場に到着。同じ様な車中泊組みが既に10台弱。
早速布団を被って就寝。しかしエンジンを掛けっぱなしの車が1台あり、エンジン音はさほど気にならないが不規則に回るファンの音が耳障りで中々寝付けない。完全なマナー違反である。
また1時を過ぎても何台か車もやって来てその音にも反応してしまって、いよいよ寝つきが悪くなる。小雨も降ってきて明日の天気を心配しつつウトウトし何とか眠りに就いた。
翌朝5時過ぎに目が覚める。まだ暗いが薄っすらと明るくなりつつある時間だ。車の中でお握りを一つ頬張って簡単な朝食を済ます。車中泊で一番気になるトイレの有無であるが、ここにトイレがあることは事前調査済み。しかしここのトイレには電気がないので夜中や朝の暗いうちはヘッデンが必要である。
トイレ自体は水洗でペーパーも完備で比較的綺麗なトイレである。有り難く使わせて頂いて準備を整えて6時13分スタートである。
この時点での駐車場の状況はほぼ満車状態。しかし続々と車がやって来て駐車場所を探している。
a0122149_21194649.jpg

上側にどんどん車の駐車列が伸びていく。
a0122149_21202472.jpg

5合目となる和田小屋までは車も通れる林道(和田小屋宿泊客限定通行)を通る道と、それにほぼ平行して少しだけ登山道がありトイレの横から入る登山道を選択。しかし7分ほどの歩きで林道と合流する。
a0122149_21585652.jpg

この林道の横には色々な花が咲いており、ヤマハハコが多いがウメバチソウも咲いていた。
a0122149_2201459.jpg

約25分のコースタイム通りで和田小屋に到着。
a0122149_2221289.jpg

登山道の入口には登山ポストが用意されており、登山届けを出してから入山する。
a0122149_2233984.jpg

スキー場を横切って登山道に入る。最初は木段の道である。
a0122149_2244639.jpg

程なくして大きなゴロタ石の登山道に変わり少々歩き難い。
a0122149_2254381.jpg

30分少しで6合目に到着。(その前に5合半もあった)体が温まり汗も噴出してくる。
a0122149_2281344.jpg

ようやく色づき始めた山肌が見えてきた。
a0122149_22111078.jpg

ブナの木が綺麗である。
a0122149_22123955.jpg

陽が差して来て見事なコントラストの紅葉が輝く。
a0122149_22513184.jpg

a0122149_2215935.jpg

a0122149_22154031.jpg

下ノ芝に7:50に到着。草紅葉が綺麗である。
a0122149_22174149.jpg

a0122149_22175689.jpg

a0122149_2226294.jpg

登山道は木道の整備されている箇所と、そうでない所が入れ替わり出てくるが、元々の登山道は泥濘が多く歩き難い。黄色く色づいた黄葉の中を歩いていく。
a0122149_22304846.jpg

リンドウも目に付きだすが、花は開いていない。
a0122149_22312895.jpg

ようやく中ノ芝に到着。ここは草紅葉とドウダンツツジの紅葉が見事である。ここでベンチに座って紅葉を眺めながら小休憩。
a0122149_22351648.jpg

a0122149_22352972.jpg

a0122149_22354136.jpg

上ノ芝も過ぎて神楽ヶ峰までの登りはゴロタ石で歩き辛い。
a0122149_2239694.jpg

新しく木段が整備された股スリ岩を通過。
a0122149_22405245.jpg

この先も綺麗な紅葉を眺めながらの登りとなるが、雲が掛かりお天気は残念である。
a0122149_22425164.jpg

3時間掛かってようやく神楽ヶ峰に到着。苗場山までの8合目と言うことだが少し上に三角点もちゃんとあった。
a0122149_22444450.jpg

a0122149_22445954.jpg

神楽ヶ峰からは一旦標高差で100mほど下っていく。途中に雷清水がありここでペットボトルに水を補充。冷たくておいしい水だ。
a0122149_22465691.jpg

下りきった所がお花畑であるが、ここから先登山道の整備工事が行われていて、工事の人の小屋が設置されている。
a0122149_2249226.jpg

そして山と高原地図を用いて工事区間の説明がされていた。
a0122149_2250753.jpg

a0122149_22502292.jpg

ここからはガスが掛かって苗場山も見えず残念だがガスの切れ目から見事な紅葉が垣間見られて思わず息を飲む美しさである。
a0122149_22561577.jpg

a0122149_22565011.jpg

a0122149_22553132.jpg

a0122149_2256755.jpg

黙々と登りながらガスが切れる瞬間を捉えて何度もシャッターを切る。
a0122149_22594287.jpg

九合目を過ぎて胸突き八丁の急登になるが、振り返りながら紅葉を堪能する。
a0122149_231208.jpg

登山道の整備をされている中を恐縮しながら通させて頂く。しかし工事の方々も心得たもので非常に感じの良い方ばかりで快く通してくれる。
a0122149_2334299.jpg

登ってきた稜線を振り返る。10月6日でこれだけの紅葉が見られたらガスに文句を言う必要はあるまい。
a0122149_237065.jpg

最後の急登。ロープ場が1箇所だけあったが、ここは岩が滑って登りにくかった。
a0122149_2382688.jpg

息を弾ませヘロヘロになりながら飛び出したのが4km四方と言われる広大な湿原帯の山頂で一気に疲れが吹き飛ぶ。
a0122149_23111862.jpg

この草紅葉と池塘が見たかったのだ。大満足!
a0122149_23132612.jpg

a0122149_2314099.jpg

まずは三角点へ向かう。
a0122149_23145035.jpg

しかし本当に広大な山頂である。これが2000m以上の山の上にあるのだから自然の驚異である。
a0122149_23165344.jpg

a0122149_23171268.jpg

リンドウが沢山あるがどれも蕾ばかりでちょっと残念である。
a0122149_23181910.jpg

苗場山の山頂三角点の場所はちょっと判りにくい場所にあった。時間は10:46で実に4時間20分程掛かった。
a0122149_23191590.jpg

三角点から山小屋の方に回りこんで横のテーブルを借りて昼食にする。
a0122149_23224947.jpg

座ると掻いた汗が冷えて寒く、アウターを着込んで弁当を食べるが、手が痛くなるほど冷たくて久し振りの感覚である。余りゆっくりもしておられず、早々に辞する事にして湿原帯散策に出掛ける。
a0122149_22584283.jpg

a0122149_22573046.jpg

a0122149_23281748.jpg

a0122149_23284893.jpg

a0122149_23292117.jpg

もっとのんびりと散策したいところであるが、登りに4時間20分を要しており、下りの事も考えると余りゆっくりも出来ない。遅くなると帰りの関越道の渋滞に巻き込まれることは間違いないのである。
最近は下りで左膝が痛み出すので登りよりも下りの方が辛く、飛ばして降りる事もままならない。ゆっくりと下ることにする。下りの時間になってもガスが晴れることはなく、時折垣間見える紅葉を見るのだけが楽しみである。
a0122149_21403390.jpg

a0122149_2141306.jpg

お花畑を過ぎて神楽ヶ峰までの標高差100mの登り返し。ゆっくりと登って雷清水まで来た所でガスが流れて苗場山が姿を現す。
a0122149_21463741.jpg

完全にガスが取れるかと期待して少し休憩を兼ねて待機する。
a0122149_21473730.jpg

しかし完全に取れることは無く逆に下からガスが湧いてきて山を隠してしまう。仕方なく再びゆっくりと登りだす。そして少し登ってから振り返ると苗場山が再び姿を現した。
a0122149_21495537.jpg

神楽ヶ峰の登り返しを終えて後は下るだけであるが、案の定左の膝が痛み出して休み休み降りていく。上ノ芝で小休憩。そして中ノ芝でも小休憩である。中ノ芝の紅葉は本当に綺麗だ。
a0122149_21555087.jpg

下ノ芝からの景色も中々見事である。これでガスが晴れていたら・・・・と思うが今日はそれなりに十分満足した。
a0122149_21575277.jpg

痛む膝を騙し騙し降りてきてようやく和田小屋まで到着したのは15時を少し回ってしまっていた。
a0122149_21594460.jpg

そこからは林道をゆっくりと下って駐車場に戻ったのは15時29分。久し振りに歩いた長距離でクタクタに疲れてしまった。帰りに街道の湯に立ち寄りゆっくりと疲れを癒して帰路に就く。しかし予期した渋滞はそうでもなさそうで大泉JCTから練馬1kmの表示で喜んで走っていたら途中から外環で事故渋滞、大泉JCTから浦和まで90分!!ぞっとしながら近くのSAに立ち寄って迂回路を探し、何とか渋滞を回避したものの、首都高の常態化した渋滞は避けようが無く、自宅にたどり着いたのは20時半過ぎ。昨晩出た時間と同じで24時間耐久山行となってしまった。
by hawks-oh-muku | 2012-10-07 07:50 | 新潟の山 | Trackback | Comments(2)