<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

意外とキツイ本仁田山

2012年7月28日(土) 奥多摩・本仁田山
鳩ノ巣町営駐車場9:17~登山口9:31~熊野神社分岐9:40~大根ノ山ノ神10:12~杉ノ殿尾根大タワ分岐10:42~1011P・11:34~コブタカ山11:57~本仁田山頂12:25(昼食休憩)~花折戸尾根分岐12:50~大休場13:37~奥多摩駅14:33
累積標高差+870m-820m(時計の高度計による計測値)

以前から行きたいと思っていた奥多摩であるが、千葉からだと意外に遠いので中々その機会が無かった。
奥多摩は東京都とは思えない自然が一杯の山深さが人気のエリアで多くの登山者が訪れる。電車でのアクセスが良いのも人気の一つだと思う。
但し私の住む千葉からだと電車で2時間半を要し新幹線だと大阪まで行ける時間である。これでは行くまでに疲れてしまいそうだ。
車で行く場合は駐車場の問題とルートをどうするか?の2つの問題がある。それと車でも所要時間は2時間を超える。
これが順調に行っての話しで、首都高から中央道は渋滞の多い所でこれが一番躊躇させる要因でもある。
しかしこの暑さであるので電車での往復5時間の移動は辛いので車で行く事にして駐車場所をネットで調べる。
大変便利なサイトを見つけた。サイト運営者の方有難うございます。 マイカー登山者のための駐車場情報
と言う訳で、次なる難関の渋滞を回避するために朝6時に家を出るが、夏休みに入っており6時では全然遅い事を後で思い知らされる。
首都高は順調であったが、中央道均一区間に入ると断続的に渋滞で、調布辺りからは完全な渋滞になってしまう。
何とか八王子ICで中央道を離れて一般道に出る。国道16号~411号と走って奥多摩に近づくと東京とは思えない山深さである。
鳩ノ巣町営駐車場は鳩ノ巣駅を過ぎてトンネル手前を右折するとすぐにあって車を駐める。9時を少し回っていたがまだ数台の空きがあって助かった。
a0122149_1273178.jpg

準備を整えて9:17歩き出すがすぐに汗が吹き出るくらい暑い。登山口までは舗装路を登っていくが本当は駅まで戻るところを林道をそのまま進む。
a0122149_1424829.jpg

川沿いの対岸を見て見ると山ユリが咲いている。
a0122149_146462.jpg

このまま林道を歩いても大根ノ山ノ神に出るのだが、趣もないので本来の登山道へ向かう道を探しながら5分ほど歩いたら右側に抜けられそうな道を発見。ここを登る。
a0122149_1492037.jpg

ここを登り切って道路に出る。地図を確認しながら熊野神社の前を通って正法院に向かい指導標を見つける。
a0122149_14162672.jpg

そこから1分ほど急傾斜の舗装路を登ったところに登山口があった。民家の横にあって一瞬行き止まりかと思ってしまった。
a0122149_14194116.jpg

登山口から振り返ると尖がった城山が見えていて左奥の方が御岳山かな?
a0122149_14225722.jpg

登山口から10分足らずで熊野神社からの道と合流する。
a0122149_1424397.jpg

この登山道は植林の中を黙々と登るのだが、大きな存在感あるブナの木が1本異彩を放っていた。
a0122149_14272979.jpg

登山口から40分で大根ノ山ノ神に到着。暑さでもうバテ気味である。
a0122149_14305310.jpg

ここは林道が横切っておりちょっと興醒めである。
a0122149_14315856.jpg

東京都が設置した登山案内地図。今日あわよくば川苔山まで足を伸ばそうかと思っていたが、この暑さと体力不足であっさり断念。
a0122149_14342140.jpg

林道を横切って本仁田山へ向かう。
a0122149_14352837.jpg

急登に喘ぎながら30分登って大タワ経由との分岐に到着。大タワ経由も考えていたがあっさり最短ルートでコブタカ山に向かう事にした。
a0122149_14374915.jpg

ここから更に傾斜はキツクなって間伐されて明るい植林の中を休み休み登っていく。
a0122149_14405332.jpg

分岐から40分ほどで植林から自然林が増えてきた。やっぱり自然林は気持ちいい。
a0122149_14443939.jpg

木の根っこに大きなガマ蛙君鎮座しており危うく踏みそうになった。
a0122149_14461914.jpg

植林がそこだけ途切れている明るいところに出てきた。地図で言う標高点1011mの所だろう。
a0122149_14475131.jpg

本仁田山が姿を見せた。
a0122149_145117100.jpg

まずは目指すコブタカ山も。
a0122149_14515234.jpg

漸く花らしい花を見つける。ママコナである。
a0122149_14524955.jpg

多分防火帯だと思うがコブ高山に向かう登山道だけが植林が途切れていて暑い。そして息が上がる急登だ。
a0122149_1450948.jpg

息を弾ませながらコブタカ山に到着。地図にも表記のある山であるが山頂を示す表記は一切無い。
a0122149_14583824.jpg

ここから自然林の中を本仁田山に向かう。
a0122149_1501079.jpg

何を運搬するためのものか解らないが、モノレールの軌道が森の中を走っている。
a0122149_1511939.jpg

漸く山頂に到着。誰もいない寂しい山頂である。ここまで単独の登山者と1回すれ違っただけで関東の山でこんなに静かな山歩きは初めてである。
a0122149_1542462.jpg

この山は展望はあまり良くなくて山頂から南側が開けているだけなのだが、それさえも雲が広がっていて残念無念。
a0122149_1565648.jpg

ここで昼食にするが、おにぎりを食べていると虫が寄ってきて落ち着いて食べられない。しかも小雨まで降ってきて壊れかけの小屋に入って簡単な食事を済ませる。
小雨であるし、どうせ頭から水を被った様に汗を掻いているので雨具は付けずにザックカバーだけ被せて下山する。
下りは奥多摩の中でトップ3に入ると言われている急傾斜で疲れた足には堪える。地図では破線になっている鳩ノ巣に降りられる花折戸尾根分岐はすぐであった。
a0122149_1514863.jpg

花折戸尾根を指す指導標にはマジックで、「スベルスベル、アブナイヨ」と書かれている。
a0122149_15154824.jpg

破線だけでもビビルのにこう書かれては進む勇気はない。奥多摩駅に向かう。ここからが急で歩き難い。
a0122149_15184420.jpg

東京都が管理している様だが、間伐が綺麗にされている。
a0122149_15195294.jpg

大休場には1名男性が休憩中であった。
a0122149_1521652.jpg

ここを右に曲がって急傾斜を転がるように下っていくが、ピカッと光ったかと思うとバリバリ、ドーンと雷様が暴れだした。
a0122149_1523575.jpg

山の中の雷は怖くて怖くて急いで下山するが、雨もゲリラ豪雨の様に降ってきてずぶ濡れ状態である。何とか民家のすぐ横を通って舗装路に出る。舗装路も川のようになっている。
それでも斜面に咲く山ユリに癒されながら黙々と歩く。
a0122149_1526486.jpg

ここから先の舗装路歩きが結構長くて、マス釣り場を過ぎて橋を渡った所で雨は小降りになり、奥多摩駅に着く頃には雨は上がっていた。
a0122149_15284887.jpg

奥多摩駅で電車の時間待ちが30分程あったが、電車で2駅戻って鳩ノ巣駅で駐車場に到着。ずぶ濡れなので温泉に直行であるが、
このままでは車のシートにも座れないくらいの濡れ鼠状態で車に積んであったヒップそりをシートに敷いてその上に座って温泉へ直行。
奥多摩温泉「もえぎの湯」、2時間750円である。ここはロッカーのキーを受付で受け取る方式で、着いたときに丁度満員となって、整理券を貰って5分ほど外のベンチで待たされる。
但しこの方式のお陰で浴室内の混雑はそれほどではなく、露天風呂・内湯とゆっくり出来た。
帰りは中央道の渋滞は殆ど無く、順調であったが首都高に入ってから大渋滞!この日隅田川花火大会で一部路線が通行止めになっている影響だ。
最後にこれが堪えたのか家に着いたときには足が固まってしまって2日間筋肉痛に悩まされる事となった。
by hawks-oh-muku | 2012-07-28 23:42 | 奥多摩・高尾山 | Trackback | Comments(0)

お手軽な高尾山ハイキング

2012年7月8日(日) 京王高尾山口11:13~稲荷山コース登山口11:17~稲荷山東屋11:50~6号路分岐12:19~高尾山頂三角点12:40~もみじ台12:46(昼食休憩)~一丁平13:38~小仏城山14:07(コーヒータイム)~東海自然歩道~弁天橋登山口15:14~天下茶屋温泉15:21
累積標高差+600m-615m(時計の高度計による計測)

仕事も少し落ち着き久し振りに3週続けての山歩きを企てるが、この週末は天気が思わしくない。
通常は土曜日に休んで日曜日に仕事をしているのだが、土曜日は本格的な雨模様で日曜日は朝には雨が上がる予報だ。
少しでも山歩きがしたくて土曜日に仕事をして日曜日を休みにした。それでも天気は余り良くない様なので、近場の高尾山を歩く事にした。

日曜日、いつもの起床時間(5時過ぎ)に目を覚ますと残念な事にしっかりと雨が降っている。予報を信じて準備をするが中々雨は止まずにジリジリと時間は過ぎていく。
車であれば雨の中出かけるのもありなのだが、高尾山へは電車と決めている。朝食も食べておにぎりも準備して雨が上がるのを待っていると9時半頃に漸く雨が止んだので勇んで出掛ける。

東西線で中野まで出て中央線に乗り継いで高尾駅に、更に京王線に乗り換えて高尾山口に着いたのは11時を大きく過ぎていた。
駅から歩いて3分でケーブルカー駅に到着。天気が天気だけに人気の高尾山もさすがに人は少なめである。
a0122149_2154548.jpg

恒例の高尾山ビアマウントも今週から始まった様だ。山の上から夜景を見ながらビールを飲んで帰りはケーブルカーという企画で若者に大変人気があるらしい。
a0122149_2185141.jpg

今日は一番最初に登ったルート、稲荷山コースを登る。登山口から橋を渡るがアジサイが綺麗に咲いている。
a0122149_211050100.jpg

登山道の脇にも朝の雨で潤ったアジサイが綺麗だ。
a0122149_2113638.jpg

登山道は泥濘が酷く登山靴はすぐにドロドロに汚れる。
a0122149_2115415.jpg

ひと登りで東屋のある稲荷山に到着。低く雲が垂れ込めているが意外と遠望は利く。
a0122149_21172281.jpg

コンデジで目一杯ズームをすると新宿副都心の高層ビル群も見えている。
a0122149_21185457.jpg

少し休憩をしてからぬかるんだ登山道を上がって行くと新しく手摺が付けられた階段が出てきた。
a0122149_21211483.jpg

琵琶滝コース(6号路)と合流する分岐に到着。
a0122149_21232258.jpg

山頂まで最後の階段。これが結構キツイ。
a0122149_21325275.jpg

階段も泥濘がひどい。
a0122149_21334680.jpg

階段脇にオオバジャノヒゲが咲いていた。
a0122149_21345855.jpg

階段を登り切って山頂に到着。厚い雲は晴れないが丹沢の山々は少しは望めた。
a0122149_21371512.jpg

まずは三角点には行って見る。
a0122149_21375755.jpg

山頂ではやはり多くの登山者で賑わっているが、昼食はもう少しお預けでもみじ台まで進む。そしてもみじ台の茶屋でなめこ汁を頼んで持参したおにぎりで昼食にした。
a0122149_21405173.jpg

昼食休憩後歩き出すとオカトラノオが一杯咲いている。
a0122149_21433100.jpg

一丁平まで一旦下りになるがここも水が溜まって泥濘んでいる。
a0122149_21471266.jpg

一丁平には13:38に到着。
a0122149_222981.jpg

ちょっと休憩して再び登り返して小仏城山に14:07到着。以前には無かった天狗の置物?が出来ていた。
a0122149_2293357.jpg

前回工事をしていたトイレが綺麗に出来上がっており、中も凄く綺麗になっていた。
a0122149_22104219.jpg

200円の価値ある本格コーヒーを茶店で頼んで一服する。アザミが咲いている。
a0122149_22114440.jpg

休憩後は一気に下って弁天橋登山口に15:14到着。
a0122149_2216217.jpg

今日は暑く大量に汗を掻いたので一刻も早く天下茶屋温泉に向かう。長い下りの先に温泉が待っている。
a0122149_22174976.jpg

脇に大きな山ユリが2輪花を咲かせていた。
a0122149_22183791.jpg

温泉は意外と混んでいて余りゆっくりは出来なかったが、湯上りの瓶ビールが旨かった。
a0122149_225457.jpg

最後は暑い中、相模湖駅までトボトボ歩いて16:52駅に着いた、
a0122149_22553591.jpg

by hawks-oh-muku | 2012-07-08 21:55 | 奥多摩・高尾山 | Trackback | Comments(0)