<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

筑波山で復興祈念登山

2012年3月11日(日)筑波山
筑波山神社登山口9:33→筑波山神社9:37→御幸ヶ原11:16→男体山頂11:33→立身石11:59→御幸ヶ原12:10(昼食休憩)→女体山13:19→白蛇弁天14:46→白雲橋登山口15:03→駐車地15:14
累積標高差+785m-740m(時計の高度計による計測)

何故か乱れたGPSログ
a0122149_0155569.jpg


今年2回目の山歩きは、あの日から丸1年の3.11に筑波山に登ってきた。
2006年に宮崎ではじめた山歩きであるが、平日休みと言うこともあり単独で歩くのがいつの間にか基本となり、ソロ以外は妻とたまに歩くぐらいであった。
単独の山歩きはリスクが高いと言われているが、慣れてしまうとこれ程気楽なものはなく今では単独行のスタイルがすっかり定着し、積極的に山仲間を探す事もなく現在に至っていた。
しかし今回はブログにコメントを頂いている「おの@あびこ」さんから嬉しい事にお誘いがあり関東の山で同行頂く事となった。
今回は、単独行ではなく二人で会話を楽しみながらの山歩きとなり写真がいつもの半分程度しか撮影しておらず、簡単なレポとなってしまいます。
詳しくはおの@あびこさんのブログで・・・

8時に待ち合わせをした場所で無事合流し、車で一路筑波山へ向かう。震災からちょうど1年の3.11と言うこともあるのか高速道路は空いていて1時間半程で筑波山神社手前の駐車場に到着。
準備を整えて9:33にスタート。筑波山神社の鳥居を潜って登山口へ向かう。
a0122149_23423034.jpg

今年は梅の開花が全国各地で大幅に遅れているようだが、この時期でやっと咲き始めたと言う感じで梅の花を横目に見ながら神社へ参拝。
a0122149_23424873.jpg

下から見た感じで山頂付近が白くなっていたので期待しながら1時間ほど登ると登山道に雪が出てきた。
a0122149_2343143.jpg

御幸ヶ原直下になるとだんだん雪も増えてきた。
a0122149_23433940.jpg

御幸ヶ原には11:16に到着。
a0122149_2344176.jpg

a0122149_23442836.jpg

トイレを済ませてそのまま男体山に向かう。期せずして見られた霧氷に感激である。
a0122149_2345372.jpg

途中の展望場所から女体山を望む。
a0122149_23453033.jpg

男体山頂には11:33到着。
a0122149_2346137.jpg

登りは何とかアイゼン無で大丈夫であったが、下りでは万全を期して今シーズン初のアイゼンを装着。仕事が忙しく今シーズンアイゼンは履かずじまいかと思っていたが、何とかギリギリ間に合った感じである。下りは少し寄り道をして立身石に立ち寄る。
a0122149_2346333.jpg

そして御幸ヶ原に戻って昼食にする。今日は久し振りの山歩きと、初めてお会いする「おの@あびこ」さんとの山行で、まるで遠足に行く前の小学生みたいにわくわくして早く目が覚めておにぎりを握ってきた。しかしちょっと大きめのおにぎり3つはちょっと多かった。おの@あびこさんからはオイルサーデンを美味しく頂きました。食後の本格コーヒーまで淹れて頂き有難うございました。しかしこの休憩で身体が冷え切ってしまい身体を温める為、急ぎ足で女体山に向かう。
今日はケーブルカーが点検中で止まっていたがロープウェイが繋がっている女体山頂は多くの人で賑わっていた。
a0122149_2346567.jpg

山頂の岩の上にも雪が残っており結構寒い。
a0122149_2347187.jpg

写真では分かり辛いが霞ヶ浦も薄っすらと確認できる。
a0122149_23473867.jpg

霞ヶ浦から逆に筑波山を見るとこの様に見えるらしい。
a0122149_2348118.jpg

スイス製のロープウェイが動いているのでズームで寄って見た。
a0122149_23483120.jpg

山頂は次から次へと人がやってきてゆっくりは出来ずに白雲橋ルートで下る為、移動するが大渋滞が出来ている。どうやらツアーの団体登山者が岩場で手間取っている上に登りの人との交差待ちをしている様だ。
ここからは岩場の上に雪がついたいやらしい急な下りをこなして弁慶茶屋まで一気に下る。
途中アイゼンの外すタイミングを逸してここで外す。ここからはどのタイミングで復興祈念のあの日のあの時間を迎えるかが課題となる。
山頂で迎えるのが一番良いのだろうが、時間的に14時46分では無理があり選択肢になかったが、やはり祈念を捧げるに相応しい場所が望ましい。登山口である筑波山神社までは間に合いそうにないので、白蛇弁天で迎えるのが一番良いだろう。
一気に下って何とかギリギリ間に合って、ザックを降ろして黙祷を捧げる。
今日はおの@あびこさんが途中からラジオを点けて山歩きをしていたので、ラジオから流れる追悼式の中継に合わせて黙祷を捧げる事が出来た。目を瞑り頭を垂れていると様々な想いが駆け巡り、ラジオから流れた「黙祷終わり」までの時間が短くも長くも感じた。
一人であればラジオなど持っておらずこうまで厳粛な黙祷は出来なかったと思う。本当におの@あびこさんに感謝である。
ここからは、なだらかなくだりでほんの少しの時間で白雲橋登山口の鳥居に降りて来た。
a0122149_23491059.jpg

駐車場まで戻ってここを経営している土産物屋さんで洗い場を借りてドロドロになった登山靴の泥濘を綺麗に洗い流す。その点ではこの場所に駐車したのは正解だった。この季節の筑波山は泥濘に注意である。またこの土産物屋さんで温泉の割引券を貰い、直ぐ横の青木屋という温泉旅館まで歩いてゆっくりと汗を流す。

帰りの高速は三郷JCTと首都高で少し渋滞したが無事自宅近くまで帰り着き、車を置いて駅の高架下にある焼き鳥屋で反省会。ビールが美味しい!
下山後に一度この反省会をして見たかったのだが、やはり一日を振り返りながらのビールは美味しいですね♪
と言う訳で本日は山歩き人生初の単独以外の山行はとても充実した一日となりました。
おの@あびこさん有難うございました。
by hawks-oh-muku | 2012-03-11 23:37 | 茨城の山 | Trackback | Comments(10)