<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大展望の房総の低山・鋸山

2011年4月24日(日) 鋸山 ロープウェイ駐車場11:26→登山口11:37→観月台11:46→石切場新道道分岐12:04→日本寺北口管理所12:13→百尺観音12:14→地獄覗き12:21→大仏12:39(昼食休憩)→展望台13:29→石切場新道分岐13:42→石切場跡13:48→東京湾を望む展望台14:14→鋸山山頂三角点14:35→林道口・沢ルート分岐14:48→安兵衛井戸15:12→素彫りトンネル15:14→ロープウェイ駐車場15:49
累積標高差+590m-575m

関東3つ目の山は何処に行こうか悩んでいた。行きたいところは奥多摩か丹沢・・・。
しかし身体がついて来ない・・・。先週5日間の出張の後筑波山に登り、翌日からまた仕事が続いて金曜日から土曜日に掛けて今度は北海道に出張だった。北海道へは3月末に続いて2回目だが、3月末は寒いと聞いていて真冬の装備で出掛けたところ、雪は降っていたが思ったより暖かく、過剰装備で暑い位だった。そこで今回は薄着で出掛けたところ丁度寒波が戻ったらしく、氷点下の寒さに震える事になってしまった。
そんな事で思いの外、疲れが残り早朝出発は諦めて、近くで手頃な山を探すことにした。
電車の車内吊り広告などで良く見る房総の人気の山、鋸山。低山であるが景色が素晴らしく、断崖絶壁で歩き応えもそこそこありそうである。
しかし問題は、情報不足。地図も無く、ガイド本も持っていない。関東に来て買ったガイド本は「奥多摩と高尾山をあるく」のみ。山と高原の地図は、No:28丹沢・No23:奥多摩・No20:赤城、皇海、筑波の3つで千葉県の山は想定には入れていなかったのだ。
取り敢えず、ネットから25000分1の地形図を入手し印刷する。それから意外と少ない情報を集めてイメージトレーニングをする。大体の情報を頭に叩き込んで出発するが時間は10時前になっていた。市川ICから京葉道路に乗り館山自動車道と乗り継いで東京アクアラインを右に見送り対面通行の片側1車線になった館山自動車道を更に南下し富津金谷ICで降りる。料金所を出るときに割引1000円の表示に思わずにんまりである。土日1000円のETC割引を初めて享受する。私がETCを取り付けたのは2003年だったので割りと早い時期から搭載していたのだが、今まで早朝深夜割引や通勤割引は利用していたものの平日休みの為、土日1000円乗り放題には無縁であったのだ。漸くこの割引が使えると思っていたら6月で打ち切りとは何ともタイミングの悪いものである。(しかし震災という国家の非常事態であるが民主政権のマニフェストは何処に行ったのだろうか?)
県道237号から国道127号線に入るとすぐに金谷漁港があり、鋸山ロープウェイの駐車場に到着である。
a0122149_21232670.jpg

ここロープウェイの駐車場は無料であり、邪魔にならないように一番奥に停めさせて貰う。準備を整えて登山開始は11:26である。漁港の横を通って登山口に向かうので海抜0mからの山歩きとなる。
a0122149_21235930.jpg

地図で確認しながら歩いていくとお肉屋さんの横に古い登山口への案内板を見つけて右に曲がる。
a0122149_21243931.jpg

JR内房線の高架下を潜って進む。
a0122149_2125468.jpg

高架を潜ると分岐になり右が一般登山道、左は安兵衛井戸・沢コースとなっている。地形図で確認すると沢コースは途中で登山道が途切れているので、右の一般登山道を進む。
a0122149_2125515.jpg

分岐から2分で登山口が現れる。階段の道が登山道で左は車力道となっているが階段の一般ルートを進む事にする。
a0122149_21264235.jpg

登山口にあったハイキングマップ。楽しそうなコースである。マップで見ると沢ルートもちゃんと繋がっているようなので帰りに通って見る事にする。
a0122149_21265756.jpg

長い石段のスタートである。
a0122149_21283980.jpg

いきなり心臓破りの石段が続く。
a0122149_21285772.jpg

階段が終わると岩が剥き出しの尾根道に変わる。
a0122149_21291780.jpg

10分程の登りで海側の展望が開ける。おー東京湾越しに富士山が見えている。
a0122149_21314661.jpg

観月台と名前の付いた休憩ポイントには展望図があった。
a0122149_21303410.jpg

ここから道は一旦下りに変わる。
a0122149_21321572.jpg

自然林の気持ちよい登山道が続く。
a0122149_213368.jpg

暫くすると分岐があり左は車力道へと続く新道。三角点のある本当の山頂は左であるが、山頂表示は右にある。ハイキングコースでは便宜上右の日本寺や地獄覗きがあるところが山頂になっている様である。
a0122149_21333236.jpg

やがて垂直の岩壁が出てくる。石を切り出した跡である。
a0122149_2134165.jpg

ここから滑りやすい岩を削った階段状の道に変わる。かなり急傾斜である。
a0122149_2135327.jpg

急登を登りきると日本寺北口管理所があり、ここで入山料(参拝料)として600円を徴収される。
a0122149_2136783.jpg

料金を支払い中に入るといきなり百尺観音と呼ばれる巨大な磨崖仏が現れる。
a0122149_21364917.jpg

便宜上頂上とされる展望台、地獄覗きへは再び階段を登らねばならない。(本来の山頂は全然違う場所になるのだが、ロープウェイでの観光客や参拝客にはここが一番高い場所となるので山頂となっている)
a0122149_21375410.jpg

登りきると地球が丸く感じられる水平線の大展望が広がる。
a0122149_21384498.jpg

地獄覗きと呼ばれる断崖絶壁の先端へ登る。
a0122149_21392717.jpg

先端から突き出た地獄覗き。
a0122149_21395744.jpg

下を覗き込むよりも横を見た方が高度感は伝わる。
a0122149_21402186.jpg

大仏・日本寺へは反対側から下っていく。
a0122149_21405399.jpg

下っていくと岩の窟に石仏が沢山並んでいる。
a0122149_21412590.jpg

長い階段を下っていく。
a0122149_21415359.jpg

やがて左側に大仏が姿を現す。
a0122149_21422440.jpg

降り立って大仏様に参拝する。
a0122149_21425753.jpg

再建されたものだそうだが、日本最大の磨崖仏とある。
a0122149_21433019.jpg

藤棚の下で大仏様の横顔を見ながら昼食にする。
a0122149_2144530.jpg

藤棚の花はまだ蕾であと1週間くらいで見頃か?
a0122149_21445569.jpg

八重桜は今が丁度見頃である。
a0122149_21454358.jpg

皆が大仏様の上を見上げて指を差しているので何かと見てみると、クライマーが岩遊び中であった。ズームで寄っているので近く見えるが、実際は結構な高度感の中でのクライムである。
a0122149_21462067.jpg

廻り込んで再び階段を登っていく。
a0122149_2147571.jpg

ロープウェイ山上駅まで登ると展望台の案内があったので案内に従い左に寄り道をする。一層キツクなった階段を登りきると祠のある展望台に到着する。
a0122149_2147407.jpg

風が強くなり海には白い波が立っている。ロープウェイも運転を見合わせているとの放送が流れていた。
a0122149_21482370.jpg

この展望台は行き止まりで、来た道を下ってから左に曲がり再度登り返して百尺観音まで戻って、石切場・車力道分岐まで来た道を下っていく。途中ヤマブキの黄色い花が綺麗に咲いていた。
a0122149_2149174.jpg

そしてタニギキョウも咲いている。
a0122149_21493440.jpg

13:42に分岐まで戻ってきて新道の方へ進む。
a0122149_21502592.jpg

緩やかな道を少し登っていくと、開けた所に出て地獄覗きを見上げるポイントになる。改めて下から見ると、地獄覗きはそこだけ突き出た場所になっていて万が一地震などで崩落すれば一溜まりも無い不安定な場所だったことが判る。
a0122149_2151263.jpg

再び歩いていくと、石切場跡の案内が出てくる。
a0122149_21522062.jpg

立ち寄ってみるとそこは圧巻の風景である。宮崎に九州百名山となっている双石山(ぼろいしやま)の象の墓場と呼ばれる場所(こちらは自然のものだが)を彷彿とさせる雰囲気を持つ。スケール的には象の墓場の数倍はある壮観さであった。
a0122149_21531198.jpg

石切場は昭和57年まで稼動していたそうで、現在も名残の重機が置き去りにされていた。
a0122149_215444.jpg

石切の跡は、まるで映画で見る何かの要塞の様である。
a0122149_21551387.jpg

垂直の壁にミツバツツジが見られた。
a0122149_21555723.jpg

足元にはヤマルリソウも咲いていた。
a0122149_21563399.jpg

元の道に戻って石切場の横を通って急になった道を登っていくと冒険心を擽られるお城の洞窟みたいな石切の跡が見える。(もちろん立ち入り禁止である)
a0122149_21571515.jpg

そして登山道には首をかしげる注意看板が・・・・。
a0122149_21581513.jpg

「すばやく通り抜けて」とはどう言う意味なのだろうか?危険なのか、有害動物が出るのか意味不明である。上部の空白に何か書いていたのかもしれないが消えているので、とにかく早く登ろうとするが恐ろしく急な階段ですばやく通り抜けるのは罰ゲームに近い(笑)
a0122149_2159293.jpg

息を切らせて登り切ると右に分岐があり更に階段を登ると「東京湾を望む展望台」に到着する。
a0122149_21594597.jpg

360度海が丸く感じる事が出来る素晴らしい眺望である。
a0122149_2202517.jpg

天気がよければ富士山バーンなのだが残念ながらこの時間は曇って見えなかった。
a0122149_2204325.jpg

展望を愉しんだ後、地形図とコンパスで方向を確認し鋸山三角点へ向かう。どんどん下っていくので不安になるが、方角は合っているのでそのまま進む。
a0122149_2211521.jpg

下った後は、自然林の美しい良い雰囲気の稜線になった。
a0122149_2223845.jpg

自然林の林床にはヤブレガサが生い茂っていた。
a0122149_223147.jpg

道が細くなり少し不安になりかけた頃、右側に電波塔が見えてきた。
a0122149_2233130.jpg

地形図で最も確実に現在地が特定できる人工建造物である。道は間違っていない事を再確認し進んでいくと漸く鋸山山頂に到着、低山であるが一等三角点である。
a0122149_2243914.jpg

この先不明瞭であれば引き返して車力道で下ろうと思っていたが、しっかりとした明瞭な道があったので先へ進む。
a0122149_2251422.jpg

山頂から10分ほどで、ベンチのある分岐が現れる。
a0122149_226184.jpg

ロープの張られた方を見ると足元に沢コースの案内板が落ちていたのでそちらに進む。
a0122149_226291.jpg

沢コースは登りで使った方が安全である場合が多いが、やはり沢に出るまでは急な下りが続く。
a0122149_227528.jpg

傾斜が緩んでもナイフリッジの様な痩せ尾根を歩く。
a0122149_2273153.jpg

更に両側にロープが張られた危険箇所を下る。登りではそこまで危険な場所でもないが、下りでは少し怖い所もあるのでこのルートは上りに使う方がお勧めである。
a0122149_228123.jpg

危険箇所を通り抜けて振り返って写真を撮る。
a0122149_2283756.jpg

沢音が聞こえてくると傾斜も緩んで歩きやすくなり、暫くすると沢に当たる。
a0122149_229856.jpg

安兵衛井戸が出てくる。
a0122149_2292956.jpg

すぐに素彫りのトンネルが出てくる。ヘッドランプも持参しているが、出口が見えているのでそのまま進んだ。中はヒンヤリと涼しいが真っ暗である。
a0122149_2295946.jpg

トンネルを抜けて沢沿いを暫く歩くと鋸山の異様な山容が見渡せる。
a0122149_22102712.jpg

朝通った分岐に15:39に戻ってきた。
a0122149_22105182.jpg

そこからは来た舗装路を10分程とぼとぼ歩いて駐車場に戻ってきた。山の中では余り感じなかったが、凄い風が吹いていてロープウェイは運行休止になっていた。山頂にいた観光客はどうやって降りてきたのだろうかと少し心配になった。
その後、関東の山では初めてとなる毎度お楽しみの温泉に向かう。海に向かっての露天風呂もあり風光明媚な温泉であるが、海からの強風でゆっくりも出来ず早々に帰路に就いた。房総の鋸山は観光地として有名な山で、横浜方面久里浜からはフェリーでのアクセスや期間限定で低料金になっているアクアラインを使うと東京方面からも近いのが良いのだろう。しかし低山でも歩き応えもあり見所一杯の楽しい山であった。
by hawks-oh-muku | 2011-04-24 23:20 | 千葉の山 | Trackback | Comments(6)

カタクリの咲く日本百名山の筑波山

2011年4月17日(日)筑波山 筑波山神社入口第2駐車場10:31→筑波山神社10:41→御幸ヶ原コース「A-01」10:50→「A-02」10:59→「A-03」11:09→「A-04」11:18→「A-05」男女川源流11:29→「A-06」11:50→御幸ヶ原12:09→男体山山頂12:20→御幸ヶ原12:37(昼食休憩)→女体山13:21→胎内潜り13:46→弁慶七戻り13:50→つつじヶ丘分岐13:55→白蛇弁天14:28→迎場コース分岐14:32→筑波山神社14:41→第2駐車場14:50
累積標高差+765m-740m

もっと早く更新しようと思ってはいたものの、仕事が忙しく何とも遅い更新となってしまった。そもそもこの週は出張が続いて4日間も家を空けた。4/12(火)の夜に近畿への出張で久し振りに奈良の自宅に戻れた。大体2月は色々あって一度も戻らないうちに転勤が決まり、そのまま関東に来た為2ヶ月以上帰っていなかった事になる。13日の夜も自宅へ泊り14日は新大阪から新幹線で岐阜へ取引先回りに行き、終了後再び新幹線で博多へ向かい博多で2泊し16日土曜日の20時の飛行機で帰京した。従って16日土曜日、千葉の市川に戻ってきたのは22時30分を回っており翌日の筑波山へは結構キツイものがあったのだ。
それでもカタクリやキクザキイチゲそしてニリンソウまで咲いていると言う筑波山へはこの日を逃すと来年まで見られなくなりそうで、先送りにするとまたまた何時転勤になるとも限らないので頑張って出掛ける事にしたのである。
出来るだけ早く出ようと思っていたが、やはり疲れもあり、いつも会社に行く時間に起きるのが精一杯で、朝食を摂りおにぎりを作ったり準備をしたりで自宅を出発したのは8時過ぎになった。県道6号線から松戸街道を走り、矢切りの渡しで有名な矢切りからバイパスに入って三郷南から首都高速外環道に乗る。
(この道路、関西人なら何の躊躇いもなく「そとかん」と読むところであるが「がいかん」と読むのが正解であるらしい。「え~ソトカンが正解やろ!」と思ったがパソコンで変換してみたらどうも「ソトカン」は分が悪い様だ)
ものの数分で三郷JCTから常磐自動車道に入る。(三郷も奈良では「さんごう」と読むが「みさと」と読む。)常磐自動車道では震災のための通行止め区間の電光表示がされており震災地方面へ遊びに行くのに少々気が引ける。ところが今日は何かあるのか、それとも毎週のことなのかは分からないが凄い数の暴走族が集合している。もう日本からは死滅したと思っていた典型的な族車(最近は痛車と呼ぶのだろうか?)が200台以上で走っている。茨城を馬鹿にする訳ではないが、茨城独特のぶらさがり健康ハンドルに背もたれ付特性シートの痛車は本当に見ていて「イタイなぁ」と思うが当の本人たちは得意満面に走らせている。触らぬ神に祟りなしで大人しくやり過ごしながらゆっくり走らせ、土浦北で高速を降りる。国道から県道に入り車を走らせていると双耳峰の筑波山が見えてきた。
a0122149_10125074.jpg

筑波山神社の標識に従い右折し大きな鳥居を潜って第2駐車場に車を停める。
準備を整えて筑波神社に向けて歩いていく。駐車場からホテルや土産物屋さんの並ぶ道を7分ほど歩いて鳥居を潜る。
a0122149_10232138.jpg

階段を登って行くと山門が出てくる。
a0122149_1025099.jpg

山門を潜って本殿前に到着し参拝する。
a0122149_10261930.jpg

本殿を左に進むとケーブルカー乗り場と御幸ヶ原ルートの登山口である。
a0122149_10302920.jpg

登山口に来ると登山道は地震の為、通行禁止となっておりロープも張られている。
a0122149_10324560.jpg

登山口にあった地図。等高線は結構詰まっています。
a0122149_10393710.jpg

地震の影響で地盤が緩んでいたり浮石があるので大人しくケーブルカーを使いなさいと言う事だろうが、ここまで来てケーブルカーとは情けないので悪いと思いつつロープを跨いで予定通り御幸ヶ原ルートを登る。大和葛城山の櫛羅の滝ルートの様に大規模な崩落があって危険であれば絶対に登ってはいけないが、安全確認が出来るまで禁止と言う事であれば自己責任と言う事で許されるだろう。
登山口から5分程で位置番号01の表示がある。
a0122149_1101142.jpg

最初は階段状の登山道が続く。
a0122149_11117.jpg

01から5分足らずで位置番号02を通過。
a0122149_1121422.jpg

ごつごつした石の登山道に変わる。
a0122149_113279.jpg

位置番号03へは10分ほど掛かった。
a0122149_1144271.jpg

03を過ぎるとケーブルカーの真横に出る。音が聞こえるので少し待っていると。下から赤いケーブルカーが上がってきた。
a0122149_117421.jpg

上の方からは緑色のケーブルカーが下って来た。
a0122149_1181169.jpg

そしてすれ違う。
a0122149_1185325.jpg

良いタイミングでケーブルカーも見られて再び急登を登って位置番号04を通過。
a0122149_1111415.jpg

ここを過ぎると岩だらけの急登に変わる。
a0122149_1113873.jpg

位置番号05は男女川の源流となっている。
a0122149_1116618.jpg

この横に水場があったが、水量は少なく時期によっては余り当てにしない方が良さそうである。
a0122149_11173489.jpg

登山開始から1時間程経過し丁度良い場所にベンチがあったので小休憩とする。
a0122149_11223972.jpg

10分ばかり休憩し、位置番号06には11:50に通過する。御幸ヶ原まではあと300mとなっている。
a0122149_11242448.jpg

しかしあと300mが曲者で、まずは長い階段が出迎える。
a0122149_11255264.jpg

階段が終わると岩場の急登である。
a0122149_11265782.jpg

あっそうそう、写真でも先行者が写りこんでいる様に通行禁止の登山道であるが、結構沢山の人とすれ違い私だけがルール違反と言う事でもなかったのである。そしていよいよお目当てのカタクリの花が目に付きだした。
a0122149_11303075.jpg

a0122149_11311974.jpg

そして登山道にはニリンソウも
a0122149_11321641.jpg

トウゴクサバノオも発見。
a0122149_113371.jpg

そしてキクザキイチゲも発見した。この花を見るのは初めてである。
a0122149_11343782.jpg

もう少しで御幸ヶ原と言う所で沢山の花に出迎えを受けて中々前へ進まない(笑)キクザキイチゲとスズシロソウのコラボまである。
a0122149_11415769.jpg

ケーブルカーの山頂駅がある御幸ヶ原には12:09に到着である。
a0122149_1144498.jpg

直ぐに男体山に向かう。登山道を登って行くとカタクリの小群生がある。
a0122149_1146387.jpg

キクザキイチゲの群生もある。
a0122149_11471192.jpg

ちょっとした岩場をやり過ごしながら男体山頂に12:19到着。
a0122149_1148517.jpg

山頂からは大展望であるが、残念ながら霞んでいて余り遠望は利かない。
a0122149_11511425.jpg

昼食は御幸ヶ原まで戻ってから摂る事にして来た道を下っていく。途中、女体山が望める展望場所があった。
a0122149_115316100.jpg

御幸ヶ原には売店や食堂が何軒も並んでいる。少し離れた場所で昼食にする。
a0122149_1156312.jpg

道中のコンビニで北海道で有名な「すみれラーメン」を買った、味は濃厚な味噌ラーメンでインスタントのカップめんとしてはかなり美味しいと思ったが、山では難点がある。お湯の量が450mlと多いのである。山でのスープは捨てるわけには行かないので飲み干すのが大原則である。これはちょっとキツかった。皆が空を見上げるので何かと思ったら、パラグライダーが気持ち良さそうに飛んでいる。
a0122149_121918.jpg

パラグライダーは上昇気流を捉えるとかなり高くまで舞い上がり、長時間の滞空が可能であるらしいが、山の高さを遙かに超えた高さである。
さて休憩を終えて女体山へ向かうがその途中にカタクリの大群生がある。
a0122149_1213060.jpg

「カタクリの里」となっているが見事な群生である。
a0122149_12133722.jpg

群生地を過ぎると大きな岩の多い登山道に変わる。セキレイ石のあるところは売店もあるスポットになっている。
a0122149_12172259.jpg

そして筑波山と言えばガマの油であるが、有名なガマの油売りの口上を考えたとされる場所がここガマ石である。
a0122149_1220222.jpg

女体山山頂の麓に分岐があり、下りは左のつつじヶ丘へ進む予定だ。
a0122149_12224572.jpg

女体山にも祠があり参拝して進む。
a0122149_12241976.jpg

日本百名山の山頂表示があるが三角点はもう少し先である。
a0122149_1225288.jpg

深田久弥氏の日本百名山の選定基準として「品格・歴史・個性」を兼ね備え、原則1500m以上の山となっている。その中で1500mの基準を満たさずに選定されているのが二山あり、一つは鹿児島の薩摩富士の異名を持つ開聞岳であり、もう一つがこの筑波山であり日本一低い日本百名山である。
奇遇な事にこの二つを登った事になる。(開聞岳は宮崎に赴任中に登った事がある。)
山頂は岩場で大展望が得られる、遠望が利くときは富士山も見れるらしいが今日は全く見えない。
先程登った男体山を振り返る。
a0122149_12362845.jpg

山頂からのパノラマ
a0122149_12375458.jpg
a0122149_12381256.jpg

低山であるが百名山故に重みのある一等三角点
a0122149_12402065.jpg

下山は先程の分岐を曲がってつつじヶ丘方面へ進む。ここからは岩場の激下りになる。
a0122149_12424775.jpg

このルートは奇岩の多い登山道で、それぞれに名前がついている。
北斗岩
a0122149_12445168.jpg

出船入船
a0122149_12453381.jpg

ちょっとした鎖場もあった。
a0122149_12462156.jpg

陰陽石
a0122149_1247133.jpg

母の胎内くぐり
a0122149_1248563.jpg

高天原は岩の上に祠も祀ってあった。
a0122149_12491514.jpg

そして弁慶の七戻りを潜る。ここは巨石が上に乗っているだけで、今にも落ちそうに見える。弁慶も怖くて七度も躊躇した場所らしい。
a0122149_1253271.jpg

ここを潜ると弁慶茶屋跡である。ここがつつじヶ丘と筑波神社への分岐になっている。筑波神社へのルートは通行禁止のロープが張ってある。
a0122149_1256896.jpg

しかしニリンソウはこの先にあると聞いているのでやはりロープを潜らせて貰う事にした。少し進むとニリンソウは咲いていた。
a0122149_1302426.jpg
a0122149_1304418.jpg

自然林の美しい登山道を下って行くと、つつじヶ丘からのルートと合流する。写真は振り返ったところからの撮影である。今下りてきたのは写真左側の白雲橋コースである。
a0122149_1341596.jpg

程なく登山口に着いて舗装路を歩いて筑波神社に戻ってきた。境内の脇にシャクナゲが早くも咲いていた。
a0122149_1364816.jpg

筑波山は決して高い山ではないが、登山道は急斜面も多く、岩場もあり楽しい山であった。駐車場に戻り男体山を背景に桜を写す。
a0122149_1395287.jpg

つつじヶ丘の名前通り、5月になるとヤマツツジが凄いらしい。大和葛城山のヤマツツジは見ることが出来そうにないので5月にもう一度来て見ようと思う。
by hawks-oh-muku | 2011-04-17 22:50 | 茨城の山 | Trackback | Comments(10)