<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

矢岳・竜王岳から冠雪した高千穂峰に酔う

3/20 矢岳・竜王岳 矢岳登山口→谷→矢岳→竜王岳→矢岳→登山口

3月の春分の日を明日に控えたこの時期に強烈な寒の戻りがあり、霧島のほうは積雪があったとのニュースが流れた。今日は前回高千穂峰から見た矢岳に登ろうと決めていた。この山は霧島連山の中でもマイナーな山であるが、炭化木が見られる箇所があり行って見たいと思っていた。しかしマイナーである上に非常に迷いやすいとの話である。地図にも詳細は記載がされていない為、前回高千穂峰の二子石から1321Pの間から矢岳が良く見える場所があったので写真を何枚か撮影し、地形図と見比べて大体の見当が付くようにしておいた。しかし雪の状態が判らないので無理であれば炭化木の散策は諦めるつもりである。さて車を都城ICで降りて高千穂峰を見ると何と山頂は真っ白に冠雪している。わくわくしながら車を走らせて山田温泉近くで見る高千穂峰は息を呑むほどの美しさであった。思わず近くのコンビニ寄って写真を撮影する。畑には菜の花が咲き背景には真っ白に冠雪した高千穂峰でいい写真が撮れたと一人悦にいる。
a0122149_15553256.jpg

皇子原公園を過ぎて矢岳の登山口がわからず2回ほど行ったり来たりをしてやっと矢岳登山口に着いた。
a0122149_15555799.jpg

ここから入山するが積雪があり登山道が判り難い。マイナールートでしかも平日の為か誰の足跡も無く先行き不安になる。一度間違えて高千穂河原に抜けるセタオ越の方に進んでしまう。ここも途中から全くルートが判らない状態でテープの目印だけが頼りだった。途中で引き返して正しいルートに戻る。一旦林道のような所に出てから再度山に入る。いきなり断崖絶壁のような所に出る。案内は付いておりこの先は急な斜面を降りる為要注意と書いてあり、情報と一致する。しかし実際行ってみると涸れた谷を横切るのだが一度谷底に降りる為20m位崖の様なルートを下る。ここが一番怖かった。谷底に降りてここから矢岳に取り付くが、取り付き口には工事中のポールみたいな物が付いており、テープ目印も有ったのですぐに判った。ここから急斜面になる。足元は雪で踏み跡が消えている為、慎重に良く見てテープを探しながらの登りとなった。足が滑り出したのでアイゼンを装着し登っていく。高度が上がり見晴らしが利くようになった所で後ろを振り返る。高千穂峰の北壁が真っ白で余りの美しさにその場に立ち尽くしてしまった。今この景色を見ているのは私ひとりだと思うと何と贅沢な景色なんだろうと思う。
a0122149_1557377.jpg

途中何度も振り返りながら景色に見とれて
a0122149_15572463.jpg

a0122149_1558062.jpg

漸く矢岳山頂に到達。
a0122149_15574183.jpg

かなりの積雪である。矢岳からの景色は霧島連山が見渡せて、小林市方面も良く見えていた。
a0122149_15582787.jpg
a0122149_1558375.jpg

山頂で少し休憩を取って先へ進む。竜王岳との鞍部辺りまでの積雪は20cm程あったと思うが、動物の足跡以外全くの真っ白で道を確かめながら進む。竜王岳まで何とか進むが炭化木への道は全くわからず躊躇無く断念した。引き返して矢岳山頂で昼食にする。高千穂峰の北壁を一人眺めながらの贅沢な食事タイムとなった。
a0122149_15585684.jpg
a0122149_1559418.jpg

いつまでもここに居たいと思ったが、そうも行かず来た道を引き返す事にした。帰りは自分の付けた足跡があるのですぐに判るだろうと思ったが、今日は平年の3月の気温であり下山時には雪も溶け出して判り難く、これまた神経を使いながらの下山となった。漸く谷底に降りてきたが、今度は対岸の崖の取り付きが判らなくなった。何度か行ったり来たりして、落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせてやっと見覚えのある所を見つけて崖を登る事が出来た。ここから先はすっかり雪が溶け出して、木々に積もっていた雪がまるで雨の様に降り落ちてきてレインウェアの上だけ着用し、漸く車の所に戻って来た。
a0122149_15592763.jpg

今日は炭化木は見る事が出来なかったが、暖かい好天気の中での雪山体験が出来て大満足であった。
by hawks-oh-muku | 2007-03-20 22:53 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)

大浪池のマンサクと霧氷

a0122149_1542087.jpg
3/7 大浪池 大浪池登山口→大浪池避難小屋→西回り→韓国岳避難小屋→大浪池避難小屋→大浪池登山口

今日はマンサクが咲き出したとの情報を得たので、大浪池に登って来た。大浪池と言う名前なので山というイメージが沸かないが、れっきとした三角点もあり三角点の名前が大浪池となっている。それでも大浪池登山口から山頂までは30分程で登れて登山道も整備されているので一般の観光客も良く登って来られている。但し大浪池を1周するとアップダウンもあり、少しであるが岩場もあるので観光客は大浪池避難小屋の辺りで引き返す事になる。今日は軽めの山歩きとなるが、大浪池登山口から登り西回りに1周しマンサクを散策する事にした。3月になり宮崎市内では完全に春の陽気で暖かいが標高の高い霧島一帯はまだまだ寒く、登山口から少し登ると石畳状の登山道は凍りついており、滑らないように注意して進む。登山道の脇も霜柱がビッシリと付いている。湧き水は完全に凍りついて氷柱になっている。30分程で避難小屋に到着し、池沿いに右側を登っていく。マンサクを探しながら歩いていると漸くマンサクを発見。そして更に進んで行くと、霧氷とマンサクのコラボも見られてとても綺麗であった。また桜島も霞んではいるものの浮かんでいるように見えて十分に楽しめた。
a0122149_1542883.jpg
a0122149_15421699.jpg
a0122149_15422642.jpg
a0122149_15423774.jpg
a0122149_15424558.jpg
a0122149_15425431.jpg
a0122149_1543356.jpg
a0122149_15431216.jpg

by hawks-oh-muku | 2007-03-07 22:40 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)

霧島東神社から高千穂峰

3/2 高千穂峰 霧島東神社→二子石→1321P→御池小分岐→皇子原分岐→山頂→皇子原分岐→御池小分岐→1321P→二子石→霧島東神社

今年の初登りに山頂手前で敗退した霧島東神社からのコースをリベンジする機会を窺っていた。このルートは暖かくなると山蛭が出るとの情報があり、それまでに何とかリベンジを果たしたいと考えてこの日を迎えた。前回は悪天候と自分の装備に対する無知さで山頂を目の当たりにしながら断念した。それと体力的にもきつかったのも事実である。標高800mを過ぎた辺りからは急斜面の登り一辺倒のきついルートである。しかも前回の時に太腿が攣った事が少々トラウマで一抹の不安を感じる。しかし今回は一度通った道なので状況は分かっている。ゆっくりと登れば問題ないと自分に言い聞かせて霧島東神社を出発する。しかし今日は神社が騒々しい。何かあったのかなと思い進んで行くと、どうも遭難騒ぎのようである。ヘリコプターも飛んでいる。私の格好を見た地元の消防団らしき方が今から登られるのであれば、もし発見した場合警察に連絡して欲しいと言われた。まだまだ自分のことで精一杯であるが、分かりましたと言って先へ進む。それより自分自身が遭難しない様に気を引き締めて登る。まずは植林帯と樹林帯が入り混じった鬱蒼とした中を登っていく。霧島東神社の標高が約500mで、この辺りはまだなだらかな傾斜で地形図では597.6mの三角点を通過するようになっているが、小高い所を通過はするもののピークではない。現在のルートではピークをトラバースする様に登山道が変わっているのだろう。ここから少し平坦なあるきになるが、擬似木で作られた階段が現れると一気に急斜面に変わる。この階段が整備されたのはかなり以前なのだろう、結構荒れていて土砂の流出と共に流されているものもある。やがて本物の木段に変わると更に傾斜はきつくなり、樹林帯を抜けて視界が広がる。振り返ると下のほうに御池・小池が見えて高度が上がってきたのが分かる。
a0122149_15241735.jpg

暫くすると急斜面は岩場に変わり左側は深い谷で断崖絶壁である。転落防止の鎖が張られているのでそんなに恐怖感はないがきつい登りが続く。
a0122149_15244163.jpg

ふと岩場を曲がったら大きな雄鹿が立派な角をつけて立っている。お互い目が合って一瞬睨み合いがあるが、雄鹿は真横に身体を向けて急斜面を山の中に駆け下っていった。時間的には一瞬の事だったと思うがかなり驚いた。今まで霧島では何度も鹿に遭っているがあんなに大きな雄鹿は初めてで鹿に恐怖を感じたのも初めてだったので肝を潰したが、気を取り直して先へ進む。二子石が見えてきた、やれやれだ。正月の悪天候の中救われた二子石の空洞を覗き込んで先へ進む。ここからは目の前に高千穂峰の山頂が見えて俄然やる気が出てくる。新燃岳や韓国岳も見える。
a0122149_15253748.jpg
a0122149_15254689.jpg
a0122149_15255589.jpg

1321Pに到着しここで小休憩をとる。ここからの高千穂峰の山容はどっしりとしていてとても格好いい。今日は天気が良くここからでも山頂に旗めいている日章旗が見える。
a0122149_15262138.jpg

振り返ると二子石と御池が見える。
a0122149_15302088.jpg

ここから一旦下るので山頂までの高度差は300m弱である、最後にザレ場の急斜面が待ち構えているのでここからが胸突き八丁である。御池小分岐・皇子原分岐を過ぎて岩場を過ぎると壊れた鳥居がありここからは木段のあるザレ場だ。偽山頂を越えるといよいよ山頂の日章旗が大きく見える。
a0122149_15285248.jpg

この辺りでやはり太腿に若干の違和感が出てきたが後は気力で登れる距離である。一歩一歩ゆっくりと進んで漸く山頂に到着。
a0122149_15304983.jpg
a0122149_1531136.jpg

これで初登りのリベンジを果たす事が出来た。しかも今日は本当に青空が綺麗で風もなく前回とは大違いである。弁当を食べた後、山小屋を覗いてみると今日は開いている。少し休憩をさせてもらう。温かい缶コーヒーを買って立派なヒゲの仙人のような小屋主さんと会話をして楽しいひと時を過ごす。霧島東神社から登って来たと話すと、「あのルートはきつかろ、帰りも時間が掛かるから早めに降りた方がええっちゃろ」との事で、改めて今日のルートで登ってきて良かったと感慨もひとしおで、アドバイスに従い早速下山する事にした。下山は来た道をそのまま戻り、無事霧島東神社に到着した。
by hawks-oh-muku | 2007-03-02 22:21 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)