<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

双石山

11/29 双石山 丸野駐車場→塩鶴登山口→第一展望台→針ノ耳神社→大岩展望台→第二展望台→山小屋→双石山山頂→加江田渓谷分岐→硫黄谷休憩所→丸野駐車場

10月30日に初めて高千穂峰に登り、立て続けに霧島方面に出かけていましたが、山と渓谷社「新分県ガイド宮崎の山」をチェックしていると非常に気になる山を発見した。宮崎市内にあり標高は509mと低山ながら、侵食された奇岩あり、ロープ場あり、梯子場あり、巨石群あり、展望抜群でもあり山全体が国の天然記念物に指定されそして九州百名山でもあると言う何とも興味をそそられる山である。調べてみると様々なルートがある様だが、オーソドックスなコースと加江田渓谷散策を組み合わせたルートを設定し歩く事にした。南宮崎の自宅から車で約20分で宮崎市内とは思えない自然たっぷりの加江田渓谷入口である丸野駐車場(無料)に到着した。準備を整えて一旦来た道を歩いて戻り車道へ出る。車道を歩いて塩鶴登山口まで移動であるが、これが結構距離があり間違えたかなと思った頃に、鳥居のある塩鶴登山口に着いたが車道歩きに25分程掛かった。ここから暫くは植林の中を歩き祠のある第一展望台に到着、しかし殆ど展望はない。この先少し登るといよいよ核心部分の針ノ耳神社のある天狗岩と呼ばれる奇岩群に着く。
a0122149_10142277.jpg
a0122149_10144858.jpg

慎重に登っていくと針ノ耳と呼ばれる岩と岩の間が四角く空いていてそこを潜り抜ける。潜り抜けるとそこは巨石群の空池と呼ばれる場所だった。
a0122149_10152754.jpg

わくわくしながら進んで空池を過ぎると梯子場が連続する。ロープや梯子を使って行くと尾根コースと谷コースの分岐があり、尾根コースを登る。梯子を登り切ったところで大きな岩にロープがぶら下がっている。ロープを掴んで攀じ登るとそこが大岩展望台だった。今日は余り天気が良くないので遠望は利かないが、宮崎市内から日向灘が望める好展望である。小休憩を摂った後、大岩をロープを使って降りたあと、いよいよ急斜面の尾根に取り付く。ロープと木の根っこを頼りに両手両足をフル活用し登る。まるでアスレチックの感覚で楽しく人気がある理由が分かった様な気がした。急斜面をクリアしたら第二展望台である。ここからの景色は先程の大岩展望台と同じである。ここから道は縦走路の様になっているが山頂は右側である。一旦戻る感じで緩やかになった傾斜を登ると10分程で立派な山小屋に到着する。ここから先が地図で見るよりも長く、何度もアップダウンを繰り返し20分ほどで狭い山頂に到着する。山頂からの展望は余りないが、ここで弁当タイムとした。
a0122149_10162718.jpg

道はこのまま真っ直ぐに伸びているが、今日は加江田渓谷に下りる予定なので、来た道を引き返し山小屋を過ぎた辺りから加江田渓谷への道に入る。自然林の中を下って行き、途中から滝が現れて
a0122149_1017999.jpg

沢沿いをぐんぐん下ると、加江田渓谷の硫黄谷休憩所の所に出てきた。ここからは渓谷沿いの景色を眺めながら遊歩道を30分歩いて丸野駐車場に戻った。
a0122149_10175553.jpg

こんな近くにこんな面白い山があるとは思っていなかったが、コースも沢山あるようなのでこれから何度も来て見ようと思った。
by hawks-oh-muku | 2006-11-29 22:11 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)

霧島連山の主峰韓国岳初登頂

11/22 韓国岳 えびの高原駐車場→小地獄登山口→韓国岳→大浪池(東回り)→避難小屋→えびの高原→駐車場

先週は雨で断念した韓国岳にやっと行く事が出来た。観光写真などでも良く見る韓国岳山頂から見る高千穂峰の秀麗な姿を是非この目で見たい!それがまずは本日の第一の目的。そして霧島連山の最高峰1700mに登頂したいと言う気持ちが2番目といった所である。先週と同様に宮崎自動車道を走り高原ICで降りて、霧島バードラインでえびの高原に出て、駐車料金400円を支払いえびの高原駐車場に車を停める。硫黄山近くの小地獄登山口の前にも無料の駐車スペースがあるが、今日は大浪池を周回するコースなので下山時を考えるとこちらの方が楽かなと思ったのである。準備を整えて道路を横切って遊歩道の様な道で登山口へ向かう。緩やかな登りで身体慣らしには丁度いい感じである。小地獄登山口からの道と合流しやっと本格的な登山道に変わる。登山道は一部階段上に整備されているが、大きなゴロタ石やガレ場で少し登り辛い。韓国岳は標高1700mであるが、登山口のえびの高原も標高が1200m程あるので標高差は500m程度と1時間ぐらいで登れる小学生の遠足コースでもあるが、傾斜はそこそこあって息を弾ませて登っていく。途中5合目辺りからえびの高原側の展望が開けて、不動池や11月初めに登った池巡りコース・甑岳が一望できる。
a0122149_9442010.jpg

そして更に上り詰めると標高1400m以上にある大きな火口湖大浪池が見えてきた。
この大浪池は標高1412m水面の標高で1241mと常時水を湛える火口湖としては最も高い場所にある。直径で630m周囲は約2kmあるらしい。
a0122149_9452556.jpg

8合目辺りまで標高を上げていくと左側が切り立った崖の様になっているので覗きこんでみると、そこは韓国岳の爆裂火口であった。
a0122149_9461054.jpg

深さは約300mあるらしい。噴火が起こったときに水蒸気爆発で西側が爆裂崩壊した為大きく口が開いている。従って西側から見る山容は二上山の様に2つの山に見えて反対側から見る山容とは全く異なる山である。いよいよ山頂近くと言う所で目に飛び込んできたのが本日の第一目的の高千穂峰の秀麗な姿である。
a0122149_947625.jpg
a0122149_9475419.jpg
a0122149_9482498.jpg
a0122149_9495025.jpg

獅子戸岳・新燃岳の向こう側にどっしりと構えている高千穂峰、神々しいまでの美しい姿にただただ感動した。漢字の山の字はこの山から出来たのではないかと思うほど山型をしている。高千穂峰の遠望は天気が良くてもガスが掛かっていたり、霞んでいたりで見られない事も多いらしく今日はラッキーだったのかも知れない。しばし姿に見惚れて山頂に立ち竦んだまま休憩をしていたが、11月の下旬で標高1700mの山頂は気温も低く風も強いので登りに掻いた汗が一気に冷えて寒くて仕方が無い。リュックから上着を出して羽織るがそれでも寒く、大浪池に向かって下山する事にした。大浪池への下りは急な木の階段になっている。大きな口を開けた大浪池が目の前に広がり、左には高千穂峰も見える絶景を楽しみながら下って行く。途中階段が崩れていたり、段差が広がっていたりするが、特に危険な箇所はない。高度を下げると樹林帯に入り展望はなくなる、平坦になって程なくすると韓国岳避難小屋に到着する。引き戸を開けて中に入ると先客は居ない様で一人ゆっくりと出来そうである。今日は寒いしここで昼食休憩にした。休憩している間に外で声が聞こえたが、結局食事が終わるまで誰も入ってこなかった。さてここから大浪池を東回りに1周する。大浪池は名前が池となっているが三角点のあるれっきとした山である。山の名前が火口湖の名前と同じになっているのでちょっとややこしいのである。ザレた登山道を登っていく。先程の下りに慣れた身体にはこの登りもちょっと堪える。漸く傾斜も緩んで平坦になり少し進むと大浪池の姿が現れた。美しい火口湖である。
a0122149_952565.jpg
a0122149_9524542.jpg

振り返ると韓国岳も穏やかな姿に変えて見える。
a0122149_9533522.jpg

高千穂峰も姿を現す。角度が違うので新燃岳の奥にお鉢の火口縁を見せて先程の姿とは違ったイメージである。
a0122149_9571187.jpg
a0122149_9574674.jpg

途中何度か大浪池を真下に覗き込むポイントに寄り道をして写真を撮りながら道は下りに変わり大浪池避難小屋まで来る。
a0122149_9582335.jpg

ここから少し急な登りに変わり泥濘んだ道を避けながら平坦な所に出る。そしてまたまた下りに変わり木で作られた橋のような登山道に出ると大浪池の周回は終了である。ここを右に行けば先程休憩した韓国岳避難小屋で左は原生林の中に入りえびの高原である。何度か沢を横切ったりアップダウンを繰り返してえびの高原キャンプ場の近くに出た。この辺りには野生の鹿が多いが、観光客が餌を与える為、人馴れし車が止まると近寄って餌をねだる。舗装路を5分ほど歩くと朝車を停めたえびの高原駐車場である。霧島神社の紅葉が綺麗だとテレビで言っていたので帰りは霧島神社に寄り道をしよう。新湯を過ぎて湯之野から少し進んだ所に千里ヶ滝の標識が目に入り行って見る事にした。細い道を右に入り駐車場に車を停めてここから歩いて下って行く。雨が少し降り出したので傘を差して降りていくが結構な下りである。帰りがしんどいなぁと思いながら下ると、どうも発電所の施設であるらしく、トンネル状の中の階段を下りていく。滝の音が聞こえてきてやがて大きな落差の滝が見えてきた。
a0122149_100536.jpg
a0122149_1002098.jpg

丁度紅葉も綺麗で帰りの事も忘れて更に下に降りて行った。一番下には発電所の設備があり行き止まりになったので、一通り景色を堪能し今降りてきた急な傾斜階段をゆっくりと登り返した。霧島神宮に着いた頃には本降りの雨になり、傘を差して霧島神宮に参拝した。
a0122149_1015098.jpg
a0122149_102692.jpg
a0122149_1022432.jpg
a0122149_1023785.jpg
a0122149_102583.jpg

紅葉は丁度見頃で美しく、観光バスも沢山停まっていた。今日は目的であった高千穂峰の秀麗な姿を見る事が出来て、霧島神社の紅葉も楽しめた充実した一日になった。
by hawks-oh-muku | 2006-11-22 23:40 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)

野鳥の森散策

11/14 御池野鳥の森 御池皇子港→御池時計回り→キャンプ場→第一東屋→第二東屋→野鳥観察小屋→自然観察路→キャンプ場→御池時計回り→皇子港

今日は韓国岳に登るつもりでえびの高原に早朝よりやって来たが、生憎の雨模様。韓国岳は真っ白なガスの中で影も形も見えない。仕方なく様子を見る事にして有料駐車場ではなく、宮崎交通の経営するレストハウスの奥の駐車場に車を停めて中でシートを倒して寝ながら待つ事にした。1時間ほど寝ただろうか、外を見てみるが雨は小降りになったが相変わらずガスで真っ白けの状態でとても山登りが出来る状況では無さそうである。こうなると諦めが肝心で来た道を引き返す。それでも折角来たのだから何処か探索をして少しでも歩きたいと思った。そうだ高千穂峰の麓にある御池の辺りにハイキングコースがあったはずなので、そこなら大丈夫かもしれないと車で御池へ向かった。御池の皇子港に車を停めて池の畔を時計回りに回っていく。この辺りは屋久霧島国立公園の中にあり日本で最初の国立公園である。そして日本で4つしかない国立の野鳥の森としても昭和47年に他に先駆けて指定された貴重な自然の森である。http://www.town.takaharu.miyazaki.jp/web/kankou/out_yacyou.htm
池の畔を約半周しキャンプ場のところから森に入っていく。鬱蒼とした原生林で迷わないように慎重に進んで行く。途中に大きなイチイガシがあり林野庁が指定する森の巨人達100選に選定されている旨の看板が立っていた。森の中は原生林の自然そのままで少し怖い感じがするほどで、誰にも会わない。忘れた頃に案内表示があるものの、踏み跡の薄い所もあり1箇所間違って進んでしまい危うく迷う所だった。道が無くなり間違った事に気がつき引き返すと別の踏み跡があり無事に事なきを得た。観察小屋まではとても遠く感じる位不安な道を進んで行くと、目の前を小鹿が凄い勢いで走り去り思わず絶叫してしまった。心臓が飛び出るくらい驚くとはこの事かと思う位びっくりした。そして漸く観察小屋に到着し、観察小屋の中で弁当を食べた。窓から外を見ていたが残念ながら水場に野鳥が来る事は無かった。小池まで行こうかとも思ったが、これまでの道のりも結構迷いそうで怖かったので、不安があり今日はここから引き返す事にした。帰りは自然観察路を歩いて戻る事にしたが、この観察路はしっかりとした道で何の不安も感じることなく、来た時の道はバードウォッチングの方以外はあまり通らないのかも知れないと思った。キャンプ場まで戻って来た時にはお天気もかなり回復し、青空も少しだけ見えてきてガスの中だった高千穂峰も姿を現した。1周4kmある御池の残り半分を時計回りに周って皇子港に戻ってきた。今日は残念な天気で韓国岳は延期になったが、またひとつ霧島の素晴らしい自然に出会えたので十分満足できる一日となった。帰りには都城にある日本滝百選に選ばれている関の尾の滝に寄る。豪快な滝である。
a0122149_9143643.jpg
a0122149_9144390.jpg
a0122149_9145245.jpg
a0122149_915010.jpg
a0122149_915832.jpg
a0122149_9151617.jpg
a0122149_9152343.jpg
a0122149_9153184.jpg
a0122149_9153957.jpg
a0122149_915462.jpg

by hawks-oh-muku | 2006-11-15 09:05 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)

奈良に帰省し大台ケ原

11/8 大台ケ原 大台ケ原駐車場→日出ヶ岳→正木峠→正木ヶ原→牛石ヶ原→大蛇嵓→シオカラ橋→大台ケ原駐車場

昨日より奈良県の実家に帰省中で、妻と一緒に大台ケ原にハイキングに行く事にした。私の勤める会社では3ヶ月に一度単身赴任帰省手当てが支給される規則になっている。1ヶ月に一度出る会社も他にはあるようだが現実は厳しい。近畿圏内の単身赴任などであれば手出しでも帰省できるが、宮崎から奈良までの帰省手段は現実的には飛行機しかない。自腹で帰れるほど金銭的に余裕も無く、3ヶ月に一度の手当てで帰るしか仕方が無いのである。しかし休みを呉れる訳でもなく、通常の週2回の休みを何とか連休にして前日の仕事を早めに切り上げて最終便で伊丹へ飛び、宮崎へ帰る日は、出勤当日の朝一便で帰るのである。宮崎空港は市内から約10分とアクセスが良いので朝8時半には会社に出勤が可能なのである。さて大台ケ原であるが出かけるのは久し振りである。若かりし頃バイクで何度も来た事はあるが多分それ以来だと思う。正木ヶ原や大蛇嵓へは行ったことがあるが日出ヶ岳へは行った事が無かったので、今回は駐車場より日出ヶ岳へ向かい、正木ヶ原を経由し大蛇嵓を回って駐車場に戻る周回コースで計画した。大台ケ原は雨が多い事でも有名で、中々晴天に恵まれる事は少ないが、今日はドンピシャリの晴天で抜けるような青空が広がっている。ウラジロモミノキやトウヒの森の中を日出ヶ岳に向けて登っていく。少しきつくなった傾斜を登りきると展望台に出る。今日は本当に天気が良く空気も澄み渡っている為、かなり遠望が利き熊野灘まで綺麗に見えていた。ここから木製の階段を登って行くと日出ヶ岳である。一等三角点があり標高1695mであるが駐車場からの標高差は大した事がないので楽勝である。展望台に登ると360度の大展望である。そして何と富士山が見えたのである。以前から天気が良いと富士山が見えるとは聞いていたが本当に見えるとは思わなかった。展望台の山座同定版と見比べても間違いなく富士山である。見えるといっても白い三角がほんの少し微かに見えるだけの事であるが、めったに見る事ができないと言われるだけに大感激である。山頂の景色を楽しんだ後、来た道を引き返し、今度は正木峠へ登っていく。この辺りの景色は良く大台ケ原の景色として紹介されるトウヒの立ち枯れの多い所で、真っ青の青空に立ち枯れが良く映えて美しい。正木ヶ原は鹿の多い場所でもある、昔来た時にも正木ヶ原で鹿を沢山見かけたので今日も見られるかと思ったが鹿は1頭も見掛けなかった。牛石ヶ原の所に神武天皇像があり、手に持った弓にやたがらすが留まっている。神話によると、神武東征で宮崎(美々津)を出航し熊野灘から上陸。途中敵に阻まれるが、やたがらすの案内で大和に辿り着き大和の国を治めたとある。(かなり大雑把な言い方であるが)宮崎で神武天皇が幼少期に遊んだと言われる皇子原から天孫降臨の山に登り、そして今大台ケ原で神武天皇像を見ていると何か因縁を感じると共に何か感慨深いものがある。そこから先へ進んで大蛇嵓に向かう。断崖絶壁に立つ展望の素晴らしさと山々が重なり合う山深さを感じながら少し戻った大岩の上で昼食にした。今日は途中で買ってきた柿の葉寿司だ。大展望を楽しみながらゆっくりと休憩し元来た道を引き返す。少し登ってからシオカラ谷までは急降下である。以前は逆方向から大蛇嵓に来たがこんなに急斜面を登った記憶は無かったが、その頃は若かったのでそれほど辛くなかったのであろう。吊り橋まで来てやっと以前の記憶と一致したが、そこからの登り返しが又キツクこれまた記憶には無かっただけに息が上がってしまった。漸く駐車場まで戻ってきた。帰りは入之波温泉五色湯でゆっくりと汗を流してから自宅に戻った。
a0122149_90283.jpg
a0122149_901249.jpg
a0122149_902375.jpg
a0122149_903950.jpg
a0122149_904840.jpg
a0122149_905761.jpg
a0122149_9167.jpg
a0122149_911465.jpg
a0122149_912348.jpg
a0122149_913178.jpg
a0122149_914044.jpg
a0122149_914741.jpg
a0122149_915558.jpg

by hawks-oh-muku | 2006-11-09 08:56 | 台高・大峯 | Trackback | Comments(0)

紅葉のえびの池巡り

a0122149_22552837.jpg
11/2 白鳥山・甑岳 
えびの高原駐車場→二湖パノラマ展望台→白鳥山→六観音御池→甑岳→えびの高原露天風呂(閉鎖中)→不動池→駐車場

今日はえびの高原池巡りコースを是非とも歩いてみたいと思った。写真で見ると非常に紅葉が美しい所で、高低差もあまり無い様なので3日前の初登山時の足の筋肉痛がまだ癒えないが問題ないと判断した。えびの高原駐車場に車を停めて歩き出す。最初は遊歩道の様な整備された道を歩く、やがて森の中に入って行くと分岐があり真っ直ぐは白紫池、左は二湖パノラマ展望台経由白鳥山である。左に進むと少し登りになるが直ぐに二湖パノラマ展望台に着く。ここからは六観音御池と白紫池の2つの湖が展望できる絶景ポイントである。(白紫池は冬場には凍り付きスケート場として営業していたらしいが、現在ではスケート場は別の場所に移されてスケートは出来ない)展望を楽しんだ後一旦道は下って白鳥山への登りに変わる。足元がガレ場になってくると山頂は近い。アンテナのある山頂には三等三角点がある。この先を少し行くと北展望台がありここからは六観音御池が綺麗である。ここでお弁当を食べているグループが多く。私もここで弁当休憩とした。休憩後先へ進むが、ここから登山道は急な下りとなり足元も悪くなっている。漸く急な下りを降りると白紫池からのルートと合流し、六観音御池へと進む。なだらかな下りを進んで六観音御池の展望台までやってきた。残念ながら紅葉は終わり掛けであったがそれでも韓国岳をバックに美しい眺めを楽しむ事が出来た。六観音御池を後にして不動池の方へ登っていくと大きな杉の大木があった。ここからは緩やかな登りで周りの紅葉を楽しみながら進む。不動池のところに来て不動池を撮影し、少し戻った甑岳分岐から甑岳へ向かう。ここは森の中になるので赤テープの目印を良く見て進まないと迷いそうだ。10分程だろうか露天風呂方面から来た道と合流し標識が出てくる。ここから甑岳へ向かっていくと上の方から子供達の賑やかな声が聞こえる。どんどん進んでいくと小学生の遠足登山の様で、皆が元気良く挨拶をくれるので元気がもらえた。傾斜は段々きつくなり、登山道も少し荒れ気味で先程の小学生達は良く登ったなと思った。最後は両手も使って攀じ登る様にして山頂に着いた。山頂表示があり標高の高いのもここであるが、三角点は旧火口の湿地帯の草原を渡った向こう側にあるらしい。(この当時三角点には興味が無かったので行かなかった)ここから見る韓国岳はどっしりとした感じで大きく見えた。微かに3日前に登った高千穂峰の山頂部分も見えた。特にする事もなく、直ぐに下山に掛かる。急な斜面を慎重に下って下山は露天風呂の方へ進んで霧島バードラインに出た。ここからは舗装路を歩き、不動池の横を抜けて駐車場に戻った。
a0122149_22553694.jpg
a0122149_22554883.jpg
a0122149_2256319.jpg
a0122149_22561248.jpg
a0122149_22562491.jpg
a0122149_22563249.jpg
a0122149_22571679.jpg
a0122149_22573685.jpg
a0122149_22574735.jpg
a0122149_2258099.jpg
a0122149_22581445.jpg
a0122149_22582894.jpg
a0122149_22584023.jpg
a0122149_22585088.jpg
a0122149_2259166.jpg

by hawks-oh-muku | 2006-11-02 22:54 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)