西吉野津越の福寿草

2/15(月) 五條市西吉野町津越の福寿草自生地見学
1週間後のリベンジの満開の様子はこちら。
「大峰前衛の山、櫃ヶ岳・栃ヶ山と津越の福寿草」

先週は、休みに会社の健康診断があったりもう一日は休日出勤を余儀なくされたりで山歩きには出掛ける事が出来なかった。そして本日は生憎の雨である。少しの雨が混じる程度であれば金剛山にでも登ろうと考えていたが、しっかりした雨量で山でも雪に変わることは無さそうである。残念であるが山歩きは中止し、西吉野にある福寿草の自生地へ福寿草見学に出掛けることにした。福寿草の山としては鈴鹿の藤原岳が有名で、その他は北摂のポンポン山が良く知られている。どちらも行った事が無いのでいずれ時期を見て出掛ける予定であるがどちらも3月に入ってからが見頃の様である。その他に福寿草の自生地を探していると五條市の西吉野に奈良県の特別天然記念物に指定されている群生地がある事が分かった。福寿草とセットで登れる山が無いか近くを探すと吉野三山の櫃ヶ岳があり栃ヶ山と合わせて登れそうである。この辺りは山が深く県道や林道は道が狭いので登山口に辿り着く事が第一関門となる。その為、今日は下見も兼ねての福寿草見学である。福寿草は昨年の熊本にある仰烏帽子山以来丁度一年ぶりである。久々に妻も休みだったので一緒に出掛けた。香芝より山麓線を走り五條に向かう。五條から168号線は若い頃バイクで良くツーリングをしたものだが久し振りに走ると勝手が違う。山麓線途中から京奈和道路が出来ているのだが何処を走るのか判らず、結局山麓線をそのまま走り途中で旧24号線に出て今まで通り本陣の交差点を左折し168号線に入った。(後で調べてみると御所から高野口までバイパスの形で京奈和自動車道(橋本道路)が出来ている様である。)168号線を南下し西吉野に入り賀名生梅林を右に見ながら通り過ぎて西吉野トンネルを越えて城戸から「下市」の案内標識を見て県道20号線に左折する。少し走り川岸の所を右折であるが案内板を見落とし行き過ぎてすぐに戻る。ここは注意して見ていないと右折する先が細い道なので判り難い。良く見ると福寿草自生地の案内板も出ている。桧川迫川沿いに走ると右に福寿草自生地の案内板があり右折。ここからは一段と道が細くなり地元の生活道路と言った感じである。急勾配の道を上がりきると福寿草自生地についての説明案内板が出ておりここを左折する。
a0122149_2158736.jpg

すぐに自生地であるが駐車スペースはなく、駐車スペースはこの先との案内が出ているので先へ進む。
a0122149_2156543.jpg

お寺の入口の路上に駐車スペースの看板がありそこに停めるが、完全な路上駐車で僅かに膨らんだだけの1台停めるのがやっとのスペースである。
a0122149_21573661.jpg

ここから傘をさして自生地の案内板があった所まで戻り案内に従い登っていくとそこは梅干の工場というか作業場の様なところで軒先を通って進む。自生地も私有地の様であるが、遊歩道の様に手摺と柵が付けられておりそこを登っていく。すぐに福寿草はあった。
a0122149_21591394.jpg
a0122149_21592525.jpg

遊歩道沿いに沢山の蕾がついているが残念ながら咲いているのは僅かであった。元々向日性が強い花で、日が当たると開いて夜は閉じてしまうので今日の様に雨でおまけにガスっている天気では中々開いてはくれない。ずっと登っていくと福寿草に混じってフキノトウも出ている。福寿草の蕾とフキノトウは似ているが福寿草は毒草で誤って福寿草を天ぷらで食べて食中毒を起こす事故も過去には発生しているようである。
a0122149_2215215.jpg
a0122149_222286.jpg
a0122149_2221475.jpg
a0122149_2233533.jpg
a0122149_2235224.jpg
a0122149_224182.jpg
a0122149_2224519.jpg
a0122149_2225736.jpg
a0122149_2231345.jpg

これがフキノトウ
a0122149_2243590.jpg

梅林もあり、梅の花も少しだけ開花している。
a0122149_2282584.jpg
a0122149_2283729.jpg

そのまま登っていくとお寺に出て終了である。このお寺の下に車を停めたので帰りはそのまま進んで行くだけである。お寺の横には蝋梅が満開であった。
a0122149_2285467.jpg
a0122149_229353.jpg
a0122149_2291425.jpg

福寿草の自生地は他にも2箇所あるらしいが、場所はわからなかった。ここの福寿草は津越の方々が大事に守って来られたお陰で今現在も沢山の花を見る事が出来るが、大勢の方が見に来られても駐車場所は無いし、お土産屋さんや食べ物屋さん等はなく自販機さえないので地元にとって経済効果は無いだろう。見に行かれる場合はマナーと節度を守り地元の方々への配慮を忘れずに行かれる事が必要である。一応五條市のHPには案内は出てはいるが場所の詳細は書かれておらず、詳細は市役所の農林商工観光課又は西吉野支所地域振興課がお問い合わせ先として記載されているだけである。多分積極的に観光地にするつもりもなく、知る人ぞ知る県の特別天然記念物スポットとして地元の誇りにして守っていかれる事であろう。観光化されてマナー知らずの観光客が押し寄せれば福寿草は忽ち姿を消してしまうかもしれない。重ね重ねであるが観察に行かれる方はマナーと節度を守った上で地元の方々への充分なる配慮が必要であります。 (五條市西吉野HPはこちら)
さてもう一つの目的である櫃ヶ岳・栃ヶ山への下見であるが、雨とガスで周りの山は全く見えず地形の確認や山域の概念は全く掴めなかった。登山口も見つける事が出来なかったが、道路事情と大体の目星が付いたので次の機会に訪れる事にしたい。
by hawks-oh-muku | 2010-02-15 21:52 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/9977833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 産六 at 2010-02-17 11:57 x
福寿草に蝋梅と、お花の季節が近付いてきて嬉しい限りです。
藤原岳の福寿草って有名なのですね。いいヒントを頂きました。機会があれば行ってみたいと思いました。

三峰山の記事に刺激を受けて高見山をやめて昨日三峰山に行ってきました。一昨日が暖かい雨でしたが初めての山なのでダメモトと思い出掛けたら、見事な霧氷のトンネルを見ることができました。こちらのブログのお陰と感謝しています。
Commented by hawks-oh-muku at 2010-02-18 05:41
産六様、おはようございます。
三峰山の霧氷のトンネル良かったですね。雨の後の冷え込みで綺麗だったと思います。
私は明日2週間ぶりの山歩きが出来そうです。足が鈍っているので軽めの山にする予定です。冷え込みが来ていますので霧氷が見れると良いのですが・・・
またごこちらでご報告致します。
Commented by anikobe at 2010-02-25 09:30 x
はじめまして
津越の福寿草、拝見しました。
津越しにいらしたと同じ頃に行って見ましたが、そのときは、殆ど蕾でした。
少し咲いている花を見つけて大喜びをした日でした。
その後、どうしても満開のお花に会いたくて、22日に出かけました。
快晴の空の下、まるで地上の星のように咲いていました。
もしご覧いただければしあわせです。
Commented by hawks-oh-muku at 2010-02-25 23:25
anikobe様はじめまして。
ご訪問とコメントまで頂きまして有難うございます。
ブログ早速拝見させて頂きました。とても美しく完成度の高いブログですね。
美しい写真と短歌が素晴らしいと思いました。
実は、私も23日に再訪してきました。一日違いですね。気温が4月並みに上昇し満開の福寿草を楽しめました。
山歩きばかりのブログですが今後とも宜しくお願いいたします。
<< 春を探しにモミジ谷から金剛山 霧氷の三峰山 >>