くじゅうを歩いて来ました

休みの度に天気が悪く久しぶりの山歩きになった。今年4回目の山歩きは青空のくじゅうにした。牧ノ戸を8時30分に出発、天気は良いが景色は霞んで阿蘇も由布岳も見えない。しかし空は青く澄み渡り、霧氷が映える。
a0122149_23265796.jpg
扇ヶ鼻は霧氷で真っ白だ。星生山は、日当たりの具合で見えている側には霧氷はついていない。まずは星生山に登る。登山道には雪が残り、傾斜もキツいので安全を考え一旦外していたアイゼンを再装着した。急勾配の登山道を一気に高度を上げて星生山山頂に到達。
a0122149_23274125.jpg
a0122149_23275747.jpg
a0122149_23281371.jpg
三俣山には霧氷は見えないが、多分向こう側、坊ヶヅル側から見える面はビッシリと霧氷がついているだろう。星生山も三俣山側には霧氷がついている。風がかなり強かったようで、岩にも霧氷がついておりかなりの長さでいわゆる海老の尻尾になっている。
a0122149_23284272.jpg
小休止のあと星生崎に凍った岩場を慎重に進む。
a0122149_2329533.jpg
a0122149_23291790.jpg
避難小屋には寄らずにそのまま御池経由で中岳に向かう。
a0122149_23294327.jpg
a0122149_233037.jpg
a0122149_23301655.jpg
中岳山頂から見える稲星山は霧氷がついて綺麗に輝いている。稲星山経由で久住に登るかとも考えたが今日は止めて来た道を戻る。御池避難小屋の横から空池に向かう。空池山頂を経由して久住に向かう。久住山頂の三角点にある山頂標識が倒れている。
a0122149_23305176.jpg
a0122149_2331989.jpg
a0122149_23312222.jpg
かなり風がキツかったのだろう。山頂で弁当を食べて下山開始。
a0122149_23314576.jpg
今日は暖かく、日差しもキツいので予測はしていたがやはり登山道は泥濘で泥沼状態だった。途中扇ヶ鼻に立ち寄って15時20分牧ノ戸登山口に戻った。天気が良く楽しい山歩きが出来ました。
by hawks-oh-muku | 2009-02-02 23:25 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/8363466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金山に登って来ました。 自宅から一番近い山へミニ縦走 >>