自宅から一番近い山へミニ縦走

今年3回目の山歩きは、近場の里山歩きになりました。高祖山、高地山、叶岳のミニ縦走の予定だが天気予報では降水確率は50%で途中からエスケープルートが豊富な山なので臨機応変で行く事にした。
a0122149_236118.jpg
a0122149_2364283.jpg
a0122149_2365789.jpg
a0122149_2371945.jpg
a0122149_237302.jpg
叶岳へは40分程で到着。叶岳神社に参拝後そのまま高地山に向かう。アップダウンを繰り返して高地山の手前で雪が降り出す。風も強くそして冷たくジャケットを出して着込んで再出発。高地山に約30分で到着。ベンチで昼食にする。おにぎり2個と、テルモスからのお湯でおこげスープを食べる。しかし雪が激しくそそくさと済ませて出発する。取り敢えず、この天気なので、途中からエスケープルートで降りようと先へ進む。左側に脊振の山々が見える頃に雪は止み、ベンチのある場所で合羽を脱いでついでに休憩をする。時間的に余裕は十分有るので高祖山まで行く事にして先へ進む。約3時間で高祖山に到着。風が激しくゆっくりはできない。高祖山山頂には地元の老人会と子供会の元旦登山の記念碑が2年分4つ立っていた。以前来た時にはなか
ったが、地元のものなので我々が口出しするタチのものでは無いようだ。山頂付近は風が強く溜まらず下山開始だ。下山路は谷筋を下るルートなので慎重に下る。野外活動センターに降りて、更に車を駐車した叶岳登山口駐車場には約4時間で戻って来た。
by hawks-oh-muku | 2009-01-23 23:09 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/8363304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< くじゅうを歩いて来ました 山頂は猛吹雪・井原山 >>