ぷち白夜?

夏の日の長さは、緯度が関係するのは知ってはいたが青森に住んで実感する次第である。
逆に宮崎に住んでいた時に早朝にテレビニュースを見ていた時に、こっちはまだ真っ暗なのに、
もうすでに夜が明けて明るくなった札幌市の映像が映っていたりした事があり、日本は南北に
長い事を実感したものである。
北極圏では夏には夜でも日が沈まない白夜となるらしいが、この写真は月曜日の夜の8時前に撮影した
ものである。
家の窓から手持ちで撮影したのでブレているが、岩木山がハッキリと見えている。
a0122149_22440842.jpg
そして反対側の部屋の窓から撮影した写真がこれである。
a0122149_22463212.jpg
日が沈んでから結構時間は経っているがまだほんのり明るいのである。深夜までこの状態が白夜なのであろうか?
宮崎と青森に住んだことのある者からするとちょっと驚く日の長さである。


by hawks-oh-muku | 2015-07-08 22:49 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/21427389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コマクサ天国の岩手山 ミチノクコザクラ咲く百沢の岩木山 >>