薩摩の名峰開聞岳

2007年5月30日 開聞岳 ふるさと公園登山口→開聞岳(ピストン)

いつか行きたいと機会を窺っていた開聞岳であるが、前日に鹿児島で会議があり何とかこのチャンスを活かしたい。
鹿児島の同僚にお願いして見たところ、快く自宅に泊めて頂ける事になった。
前夜は会議終了後、かなり深酒をしてしまったが、朝はスッキリと目覚めて奥様手作りの豪華な
朝食を頂き、更に昼食の弁当まで作っていただいた。本当に感謝感激である。
さて開聞岳は、鹿児島市内から有料道路を通って池田湖の横を通って行くがそれでも1時間以上掛かる。
無事駐車場に車を停めてこれから登る開聞岳を見上げると残念ながら山頂は雲が掛かっている。
a0122149_1148445.jpg

開聞岳は標高924mと1000mに満たない山であるが、海抜0mから登るので結構登り甲斐がありそうだ。
最初は深く抉れた粘土質の登山道を登っていくが、鬱蒼と茂った森の中で、
湿度が高い上にさすが南国で非常に暑く、まるでジャングルの中を歩いている様な感覚である。
(ジャングルは歩いた事はありませんが・・・・)(笑)
首から巻いたタオルがグッショリで途中で絞るとまるで濡れ雑巾を絞ったときのように汗がボトボトと滴り落ちる。
漸く樹林帯を抜けるといきなり目の前が開けて海岸が見える。長崎尾だろうか?
a0122149_11562864.jpg

a0122149_11564890.jpg

覗き込んで海を見ると恐ろしい高度感である。
a0122149_11573712.jpg

ここからは、火山らしい岩がごつごつしてくるが、螺旋状に山を周回しながら登っていくので
ずっと海の景色が変わって疲れが吹き飛ぶ。
こちらは枕崎への海岸線の景色。曇っているのが少し残念であるが・・・。
a0122149_1203999.jpg

岩を少し入れると高度感が伝わるだろうか?
a0122149_1214020.jpg

最後は梯子場や急な岩場もあるが、小さい鳥居のある祠を過ぎると漸く山頂に到着である。
a0122149_122406.jpg

ここで頂いたおにぎり弁当を美味しく頂き、帰りが遠いので早々に下山する。
無事下山し、今一度開聞岳を振り返る。
a0122149_125843.jpg

そして温泉に直行し汗を流して帰路に着いた。
by hawks-oh-muku | 2007-05-30 23:37 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/16965158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミヤマキリシマの大幡山 ミツバツツジのトンネルを潜って... >>