札幌に出張に行った時の話です。

今までの職場では出張に行く事は殆どなかったのですが、今回の異動先では時期により出張が多く有ります。
先週の水・木で札幌に出張に行った時の話を少しブログに記録しておく事にします。(特に写真がある訳ではないのですが・・・)

羽田から千歳空港への飛行ルートは、三陸海岸の上を飛ぶ事になります。
丁度座席は飛行ルートに向かって右の窓側の席でしたので、ずっと目を凝らせて注視していました。
別に興味本位と言う訳ではなかったのですが、この目で確かめたいと言う気持ちと見たくない気持ちとが入り混じるような気持ちでした。
そしていよいよ核心部かと思われた所で、急に雲がその部分をそっと隠すように現れて見えなくなりました。
そして暫くして雲が切れると、景色は真っ青な海に変わっていました。
それはまるで雲が見なくていいよと言うように隠してくれた様な感じでした。
そして、真下に現れた青い海は、数日前に大津波で街を飲み込んだとは思えないべた凪の静かな鏡のような水面でした。
被災地にガソリン物資を運ぶタンカーだろうか、大きな船の後ろに白く伸びた軌跡が特に印象的な綺麗な海。
海だけを見ているとそこは何事も無かった様な平和な平和な景色で、大震災が夢だったらいいのにと
思ってしまう程、平和な平和な海でした。
by hawks-oh-muku | 2011-03-28 23:53 | 近況報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/12337342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 近況報告 世界一の登山者数の高尾山 >>