矢岳・竜王岳から冠雪した高千穂峰に酔う

3/20 矢岳・竜王岳 矢岳登山口→谷→矢岳→竜王岳→矢岳→登山口

3月の春分の日を明日に控えたこの時期に強烈な寒の戻りがあり、霧島のほうは積雪があったとのニュースが流れた。今日は前回高千穂峰から見た矢岳に登ろうと決めていた。この山は霧島連山の中でもマイナーな山であるが、炭化木が見られる箇所があり行って見たいと思っていた。しかしマイナーである上に非常に迷いやすいとの話である。地図にも詳細は記載がされていない為、前回高千穂峰の二子石から1321Pの間から矢岳が良く見える場所があったので写真を何枚か撮影し、地形図と見比べて大体の見当が付くようにしておいた。しかし雪の状態が判らないので無理であれば炭化木の散策は諦めるつもりである。さて車を都城ICで降りて高千穂峰を見ると何と山頂は真っ白に冠雪している。わくわくしながら車を走らせて山田温泉近くで見る高千穂峰は息を呑むほどの美しさであった。思わず近くのコンビニ寄って写真を撮影する。畑には菜の花が咲き背景には真っ白に冠雪した高千穂峰でいい写真が撮れたと一人悦にいる。
a0122149_15553256.jpg

皇子原公園を過ぎて矢岳の登山口がわからず2回ほど行ったり来たりをしてやっと矢岳登山口に着いた。
a0122149_15555799.jpg

ここから入山するが積雪があり登山道が判り難い。マイナールートでしかも平日の為か誰の足跡も無く先行き不安になる。一度間違えて高千穂河原に抜けるセタオ越の方に進んでしまう。ここも途中から全くルートが判らない状態でテープの目印だけが頼りだった。途中で引き返して正しいルートに戻る。一旦林道のような所に出てから再度山に入る。いきなり断崖絶壁のような所に出る。案内は付いておりこの先は急な斜面を降りる為要注意と書いてあり、情報と一致する。しかし実際行ってみると涸れた谷を横切るのだが一度谷底に降りる為20m位崖の様なルートを下る。ここが一番怖かった。谷底に降りてここから矢岳に取り付くが、取り付き口には工事中のポールみたいな物が付いており、テープ目印も有ったのですぐに判った。ここから急斜面になる。足元は雪で踏み跡が消えている為、慎重に良く見てテープを探しながらの登りとなった。足が滑り出したのでアイゼンを装着し登っていく。高度が上がり見晴らしが利くようになった所で後ろを振り返る。高千穂峰の北壁が真っ白で余りの美しさにその場に立ち尽くしてしまった。今この景色を見ているのは私ひとりだと思うと何と贅沢な景色なんだろうと思う。
a0122149_1557377.jpg

途中何度も振り返りながら景色に見とれて
a0122149_15572463.jpg

a0122149_1558062.jpg

漸く矢岳山頂に到達。
a0122149_15574183.jpg

かなりの積雪である。矢岳からの景色は霧島連山が見渡せて、小林市方面も良く見えていた。
a0122149_15582787.jpg
a0122149_1558375.jpg

山頂で少し休憩を取って先へ進む。竜王岳との鞍部辺りまでの積雪は20cm程あったと思うが、動物の足跡以外全くの真っ白で道を確かめながら進む。竜王岳まで何とか進むが炭化木への道は全くわからず躊躇無く断念した。引き返して矢岳山頂で昼食にする。高千穂峰の北壁を一人眺めながらの贅沢な食事タイムとなった。
a0122149_15585684.jpg
a0122149_1559418.jpg

いつまでもここに居たいと思ったが、そうも行かず来た道を引き返す事にした。帰りは自分の付けた足跡があるのですぐに判るだろうと思ったが、今日は平年の3月の気温であり下山時には雪も溶け出して判り難く、これまた神経を使いながらの下山となった。漸く谷底に降りてきたが、今度は対岸の崖の取り付きが判らなくなった。何度か行ったり来たりして、落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせてやっと見覚えのある所を見つけて崖を登る事が出来た。ここから先はすっかり雪が溶け出して、木々に積もっていた雪がまるで雨の様に降り落ちてきてレインウェアの上だけ着用し、漸く車の所に戻って来た。
a0122149_15592763.jpg

今日は炭化木は見る事が出来なかったが、暖かい好天気の中での雪山体験が出来て大満足であった。
by hawks-oh-muku | 2007-03-20 22:53 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/10678008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大幡池 大浪池のマンサクと霧氷 >>