双石山探索。象の墓場・奥の院

2/23 双石山 小谷登山口→象の墓場→大岩展望台→第二展望台→山小屋→山頂→磨崖仏→奥の院→姥ヶ嶽神社→小谷登山口

今日は近場の双石山に登った。今日の目的は、3つあり一つは前回知らない間に迷い込んで偶然見つけた磨崖仏の迷い込んだ地点を特定する事。二つ目と三つ目は象の墓場と奥の院を探す事である。前回知らない間に入り込んだ分岐はすぐに特定出来ると思うが、あとの二つが問題である。いずれも地図に表記がある訳でもないので大体の見当をつけて探すしかない。しかし二地点ともどの辺りかは大体目星は付いているので道迷いにだけは注意していく事にする。小谷登山口から入山し分岐を右に入り梯子場に到着、ここでいつも気になっていた右側への踏み跡である。山頂へはそのまま連続する梯子を登って行くが、その途中右側に目印と踏み跡がある。象の墓場はこの辺りを入って行くのではないかと考え、今日は右に寄り道する事にした。踏み跡は一部不鮮明な所もあるが、ずっと続いている。大きな岩の横をトラバース気味に入って行くと、木の所にありました象の墓場の手製の案内板が。その奥に踏み入って行くと大きな岩盤に囲まれた独特の雰囲気の中に出た。
a0122149_16464314.jpg
a0122149_1647523.jpg
a0122149_16472172.jpg

象の墓場とは誰が名付けたのか分からないが、まさにその形容がピッタリ来る様な雰囲気である。高さ数メートルの垂直の岩盤に四方を囲まれて苔むした空間は異様な雰囲気を漂わせている。岩壁には錆付いたハーケンが残っている。ここは宮崎のロッククライマーたちの練習場であったと聞いている。一番奥まで行くと登山者とすれ違う。このまま進む道があるので岩場を登ってみるとその先は崖になり下りる事は出来なかった。元に戻って再び象の墓場を横切って元来た道を引き返した。梯子場に戻り山頂を目指す。山頂から下りは前回の分岐点探しである。急斜面を良く見ながら降りていくと、非常に分かり難いが右寄りに真っ直ぐに行く踏み跡と、やや左に降りて行く踏み跡があり、左の方がハッキリしており正式なルートであるが、何の目印も無く斜面が急なため足元だけを見ていたら右に入ってしまったのだろう。今一度その分岐を頭に入れて、磨崖仏・奥の院の方へ進む。ここからも間違えて真っ直ぐ行くと目印はあるもののルートとは呼べない斜面に行ってしまう。途中左側に注意しているとロープが見える筈なので、ここを左に急下降する。そして降り立った所が磨崖仏と祠である。そこから更に急斜面をロープを補助に降りて行く。途中涸れ沢のような所を横切り進むと所々木に目印があり、「奥の院」と書いてある。更に進んでルートから少し外れるが踏み跡があり岩壁の方へ進んでいる。その道を進んで行くと岩壁の岩の間に祠がありこれが奥の院である。ロープを使って岩を攀じ登り奥の院に到着。
a0122149_16491139.jpg
a0122149_16493928.jpg

参拝をして来た道を戻る。これで今日の目的は三つとも解決した。あとは前回同様姥ヶ嶽神社への道と合流し九平登山口に下山した。あとは退屈な車道を30分歩いて小谷登山口まで戻った。
by hawks-oh-muku | 2007-02-23 23:42 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/10192684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 霧島東神社から高千穂峰 霧島縦走 >>