双石山

2/2 双石山 小谷登山口→第一展望台→針ノ耳→大岩展望台→第二展望台→山小屋→双石山山頂→磨崖仏→姥ヶ岳神社→小谷登山口

今日も近場の双石山である。最近は霧島・双石山を交互に登るパターンが出来てきたみたいであるが、兎に角ここは自宅から近いので気軽に出かけることが出来てしかも大いに楽しめるのが良い。トレーニングには持って来いの山である。前回と同様に小谷登山口に車を停めて入山する。前回分岐を右に行ったが今回は左に行って見る。方角的に戻っている感覚はあったがやはり第一展望台の祠の手前に出てきた。ここから天狗岩と呼ばれる奇岩にある針ノ耳神社を経由し空池に下りる。
a0122149_1651623.jpg

そしてその先は梯子場ロープ場と続く楽しいルートである。今回も山小屋での食事とした。冬場にはこの山小屋は非常に助かる。お湯を沸かしてカップ麺とおにぎりを食べて、裏の展望も楽しんだ後山頂に向かう。山頂からは前回同様に進むが、どこで分岐を間違えたのか真っ直ぐに進んだはずが前回と様子が違う。テープと踏み後を頼りに進むとどうも登山道と呼べない斜面に続いている。一旦引き返す事にして下りてきた道を登り返す。ふと斜面の下を見るとロープが見える。どこに下りていくのかは分からないが、急な斜面をロープに摑まりながら降りていくと、大きな岩面に不動明王が線で彫られていてその下に祠があった。
a0122149_1671170.jpg
a0122149_1673434.jpg

この磨崖仏と祠はインターネットで検索した時に見たことがある。前回・前々回はどこにあるのだろうと思っていたが今日は思わぬ所で発見した。しかしどこで道を外したのか分岐がどこにあったのかいまいち判らないので次回しっかりと分岐を検証してみる事にして先へ進んだ。ここからも先に進む道にはロープが付けられておりかなりの急斜面である。どんどんと谷に降りていく感じである。要所要所には手製の案内板が木にぶら下げてあり「奥の院」という案内が何箇所かあったが良く分からず進んで行くと又祠があり、その先を進むと姥ヶ岳神社の下で前回下った正式ルートに合流した。ここからは前回同様に車道を歩いて小谷登山口に戻った。今日は又一つバリエーションルートを発見し双石山への楽しみが又増えた。次回は今日のルートへの分岐をハッキリと認識して見つけることが課題となった。
by hawks-oh-muku | 2007-02-02 23:00 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/10192440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 霧島縦走 霧島逆半縦走 >>