霧島逆半縦走

1/17 霧島逆半縦走  新湯登山口→新湯林道→鞍部分岐→新燃岳→獅子戸岳→韓国岳→えびの高原→新湯登山口

今日は昨年ガスで見る事が出来なかった新燃岳のエメラルドグリーンの火口湖が見てみたい!(そして勿論大好きな高千穂峰の雄姿も)と言う事で初ルートの新湯登山口から登る事にした。新湯登山口から鞍部に登り新燃岳を往復し、獅子戸岳から韓国岳を登り大浪池に降りて大浪池登山口から新湯まで県道を歩くルートを計画した。途中でダメなら新燃岳往復に計画変更するつもりだ。新湯の駐車場所は帰りの事を考えて新燃荘の方には入らずに県道の脇の駐車スペースに車を停めた。準備を整えて新湯林道を歩いていく。この林道歩きが結構長く、林道終点まで約1時間掛かった。ここから沢を渡渉し更にもう一度沢を渡渉するといよいよ本格的な登山道に変わっていく。斜面が急になってきた頃から登山道には雪が残りだした。
a0122149_1153567.jpg

雪景色を眺めながら登っていくと左側に大浪池の斜面や韓国岳そして獅子戸岳も見えてきた。
a0122149_115479.jpg
a0122149_1154217.jpg

a0122149_11554973.jpg

右側には新燃岳も見えてきた。
a0122149_11544952.jpg

林道終点から50分程で分岐である新燃岳と獅子戸岳の鞍部に到着した。ここから新燃岳山頂まで約20分の登りであるが斜面には雪が積もっている。
息を弾ませて登り切ると、見たかったエメラルドグリーンの火口湖が目に飛び込んだ。初めて見る光景に感動し何枚もシャッターを切った。
a0122149_11561641.jpg
a0122149_11563469.jpg

ここから半周する形で新燃岳山頂へ進む。雪が解けて泥濘を避けて進むと目の前に高千穂峰が聳えている。見たかったのはこの景色である。
a0122149_11572321.jpg
a0122149_1158102.jpg

韓国岳から見た姿も綺麗だったが、ここからは近いだけに迫力が違う。新燃岳山頂に立ち韓国岳をバックに火口湖を写す。
a0122149_11584473.jpg
a0122149_11585769.jpg

遠くに見えるあの韓国岳まで行けるだろうか?地図を出して時間を計算する。結論は「韓国岳まで行く、大浪池までがダメならえびの高原に下りてタクシーで戻っても良い」です。獅子戸岳を目指して来た道を引き返す、
a0122149_1201497.jpg

途中何度も高千穂峰を振り返りながら。鞍部まで降りてきて今度は獅子戸岳。ここは15分程の登りである。振り返ると大きな新燃岳の向こうに高千穂峰が見えて綺麗だ。
a0122149_121216.jpg
a0122149_1212823.jpg

獅子戸岳に到着、ここから下って韓国岳との鞍部を歩く。
a0122149_1222242.jpg
a0122149_12239100.jpg
a0122149_1232573.jpg

この辺りは背の低い樹林帯になっている。暫く歩いていよいよ韓国岳への登りである。ここは恐ろしく滑る粘土質の泥濘で木に摑まっても足が空回りする位の滑り方で、もがく様にして登った。やがてガレ石に変わり高度を上げていくがここの斜面は急で今日の中で一番きつかった。漸く火口縁まで辿り着き高千穂峰を振り返る。
a0122149_1244143.jpg
a0122149_125362.jpg
a0122149_1252084.jpg

大幡池も見えていた。
a0122149_12555100.jpg

火口にも積雪があり白くなっている。
a0122149_1272619.jpg

そのまま山頂まで行くと高齢の男性の方が一人で居られたので少し会話をする。鹿児島からお一人で来られてお昼過ぎに登られた様だ。どこから来たのか尋ねられたので新湯から本日の軌跡を説明し大浪池登山口へ降りる予定だがもう15時近くなのでえびの高原に降りてタクシーでも拾いますと言うと、それなら一緒に降りたら新湯の先に湧き水を汲みに行くから乗せてあげると言われた。これは非常に有り難いお話なのでご好意に甘えさせて頂く事にした。山頂からの景色では初めて錦江湾に浮かぶ桜島を見る事が出来た。今まで見えるとは聞いていたが過去何度かの霧島登山では天候の条件が合わず見る事が出来なかったのである。
a0122149_1284599.jpg
a0122149_12932.jpg
a0122149_1292166.jpg

a0122149_1295622.jpg

何枚かシャッターを切り下山開始である。韓国岳のえびの高原側の斜面には雪がいっぱい残っており、滑らないように慎重に下るが、同行の高齢の登山者は馴れているのか凄いスピードで下って行く。中々追いつかないので所々で待っていてくれた。駆け下りるようなスピードで下りたのであっと言う間に小地獄登山口まで到着し、ここから新湯まで同乗させて頂く。新湯の駐車地でおろして貰い、何度もお礼を言ってお別れした。その後車に乗り下って行くと湧き水の所でポリタンクに水を汲んでおられたので再度お礼を言って温泉に向かった。今日は変則的ではあるが霧島半縦走を歩いて、少し自信が付いたのと分割ではあるがほぼ全工程を歩いたので登山道の状況もつかめたのでその内に霧島縦走をしてみたいと思った。
by hawks-oh-muku | 2007-01-17 23:49 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/10191148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 双石山 双石山 >>