双石山

1/9 双石山 小谷登山口→尾根ルート→大岩展望台→第二展望台→山小屋→双石山→九平(姥ヶ嶽神社)→小谷登山口

今年2回目の山歩きは近場で前回気に入った双石山にした。前回は加江田渓谷の丸野駐車場に車を停めて車道を歩いて塩鶴まで歩いたが、今回は新分県ガイド「宮崎県の山」に紹介されている塩鶴に車を停めて双石山に登り九平(姥ヶ嶽神社)に下山し車道を歩いて戻ってくるルートで計画した。この山は、単身先の自宅がある南宮崎から20分強で来れるのが何より嬉しい。しかもルートは変化に富み楽しい上に短時間で充実感のある山歩きが出来るのでお昼前からでも出掛けられる。さて自宅を出て塩鶴登山口まで来ると既に先客の車が停まっており駐車スペースがない。そのまま先へ進んで駐車スペースを探すが思う様な場所が無く、やっと右側に10台ほど停める事が出来そうなスペースがありそこに車を停めた。ここにも既に数台の車が停まっていた。準備を整えて塩鶴まで車道を歩き出すが、地図を確認すると今停めた場所からも登るルートがあるようである。しばし考えた後駐車場所まで戻り、ここから登る事にした。ここは小谷登山口で案内も出ていた。鬱蒼とした中を入って行くと最初は植林帯であるが、やがて照葉樹の自然林に変わる。暫くすると分岐があり、左は第一展望台の方へ、右はもっと上の方に出るようである。ここは右に行く事にして急になった巨石の多い斜面を上がると梯子場に出た。ここは見覚えがある、針ノ耳を過ぎて空池を周って来た所である。ここからは前回と同じルートである。大岩展望台・第二展望台に立ち寄る。今日は天気が良く日向灘も綺麗に見えシーガイヤの高層ホテルもハッキリと見えた。
a0122149_11385856.jpg
a0122149_11401043.jpg

a0122149_11465443.jpg

ここからはアップダウンを繰り返し山小屋に到着。今日はここで昼食にする。山小屋の中は誰も居なかったが綺麗に片付いており十分宿泊も出来る立派な山小屋である。お湯を沸かしてカップ麺とおにぎりを食べる。食後のコーヒーも飲んで再出発である。ここからもアップダウンを繰り返し山頂に到着。ここからも木々の間から展望が得られる。
a0122149_11405527.jpg
a0122149_11411082.jpg
a0122149_11412890.jpg

休憩はせずにこのまま真っ直ぐに進むと、道は一気に下りに変わる。急な斜面を慎重に下って行くと、一旦平坦な斜面に変わり杉の植林帯になる。ここを進んで行くと再び急な下りに変わりどんどん進んでいく。水場が出てきたと思ったらそれは姥ヶ嶽神社に参拝する為のお清めの水であった。ここで手を清めて登山道から左に逸れる形で登っていくと姥ヶ嶽神社があった。ここでお賽銭を上げて参拝し再び来た道を引き返し登山道に戻り下って行く。やがて参道と合流し鳥居の所まで降りてきた。このコースも中々楽しいコースであった。ここからは退屈な車道歩きであるが、途中今登った双石山の断崖絶壁の北壁が見えてそれなりに楽しみながら30分程歩いて駐車場所に戻った。
a0122149_1142317.jpg
a0122149_114246100.jpg

帰りには学園木花台の木花温泉に浸かって帰った。宮崎はあちらこちらに500円以内で入浴できる天然温泉がありこれも登山帰りの楽しみの一つである。
by hawks-oh-muku | 2007-01-09 23:35 | 九州の山歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hawksoh.exblog.jp/tb/10191023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 霧島逆半縦走 初登りは霧島東神社から高千穂峰 >>